激闘から19時間後の準々決勝

 如水館のエース・浜田 大貴は8回裏、意を決したようにマウンドに上がった。
4回途中から登板していたが、6点を失い、7回途中からファーストの守備に回っていた浜田。
捕手の木村 昂平からの「もう一度投げさせてほしい」という懇願に迫田穆成監督は応えた。
チームの意思に奮いたった浜田。8回裏のマウンドを楽しむように三者凡退で切って取った。

3回戦(能代商戦)の激闘からわずか19時間後に迎えた準々決勝。
前夜は興奮からか寝付くのに時間がかかった選手もいたという。

この日の関西戦。選手の疲労はピークだった。
浜田自身も「体力的にキツかった」と試合後に漏らしている。
抽選の妙とはいえ、急に翌日10時半からのゲームになるのは辛い。対する関西は中1日で余裕があった。
体力と当時に大事なのは、気持ち(精神)のスタミナ。これは3試合連続延長戦を経験した如水館の選手にしかわからない。

甲子園での延長戦という極限状態のプレッシャーを何試合続けても経験すると、気持ちのスタミナが疲弊してきてもおかしくない。この日はやはり守備でミスが出てしまった。

4回途中からマウンドに上がった浜田も同じ。体は大丈夫でも、ボールに気持ちが乗りきらないような投球が何度かあった。
また4回表に1点差に迫ったという流れが、「浜田の投入が早かった」という迫田監督の決断に繋がったのも不運だったのかも知れない。