2011年06月12日 松江市営野球場

矢上vs石見智翠館

2011年春の大会 第50回山陰高等学校記念野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

植田(矢上)

無欲の矢上が初の決勝へ

広島県との県境に位置する全校生徒291人という小規模校で、野球部創設が平成元年という島根県立矢上(やかみ)が、山陰大会で初の決勝進出を決めた。

中国地区と言っても矢上のある邑智郡邑南町は冬場には約1mの積雪を記録するなど、近くには多くのスキー場が点在する豪雪地帯である。冬場の野球部はロードワークすらできない中、ビニールハウスなどでコツコツとトレーニングを積み重ねてきた。

そんな環境の中、神奈川県出身で早大野球部OBの大島吉雄監督(26歳)の掲げるテーマは「自分で考えること」。それは練習についても、試合中のミスについてもそれぞれの選手が自分で考えて「みんなでやれるチーム」ということを目指している。

そんな中、新チーム結成以降、今春の県大会準決勝、それに石見地区大会で連敗を喫している石見智翠館にエース・坂根 潤の登板なしで打ち勝った。まさに三度目の正直である。

前日の倉吉東戦で2本の二塁打を放ち、この日も3打数2安打とシャープなスイングが際立っていた2番・キャッチャーの石田貴博(2年)はこう話す。

「(監督は)近い存在であるし、野球のすべてを知っている。自分は、打撃が悪かったので、自主練習では素振りやティーを徹底的にやりました」

石田を始め、それぞれの選手のプレーぶりをみても、自らが考え、そして監督との間に築かれた強い信頼関係が垣間見える。

どんな強豪にも臆することなく戦い、ノビノビとグラウンドで躍動する矢上。こんなに面白いチームが島根県の山間部にあったのかと改めて知らしめてくれた。最後に甲子園についての話を持ちかけると石田はこういった。

「慢心になったらダメですから」

甲子園とは直接繋がっていないが、明日の決勝で大会3連覇中の開星と戦うことになった矢上。昨秋には完封で勝利した相手とはいえ、チャレンジャーとして無欲で向かっていくつもりだ。

(文=編集部 アストロ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高岡商vs石見智翠館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第101回選手権大会が開幕!八戸学院光星、高岡商が初戦突破【トーナメント表】 【ニュース - 高校野球関連】
高岡商・森田が決勝適時三塁打!延長10回の激戦を制し、初戦突破!!【第101回甲子園】 【ニュース - 高校野球関連】
第951回 15本塁打の八戸学院光星vsジャイキリの誉の開幕戦は激戦の予感!開幕日3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第6回 石見智翠館高等学校(島根)【4年ぶり10回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第1013回 甲子園に出場した先輩たちに追いつくだけでなく越える 注目のスラッガー・安田陸人(益田東)【前編】 【2019年インタビュー】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
第4回 矢上(島根)「当たり前のレベルを上げて、最高のチームを作り上げる!」【僕らの熱い夏2019】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第793回 高校野球3年間で身につけた自信を胸にプロへ挑む水谷瞬(石見智翠館)【後編】 【2018年インタビュー】
宇部鴻城vs石見智翠館【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
興南vs石見智翠館【第97回全国高等学校野球選手権大会】
西脇工vs石見智翠館【第95回全国高校野球選手権記念大会】
尾道vs石見智翠館【2011年秋の大会 第117回中国地区高校野球大会】
石見智翠館 【高校別データ】
矢上 【高校別データ】
第50回山陰高等学校記念野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る