2011年06月11日 松江市営野球場

立正大淞南vs鳥取西

2011年春の大会 第50回山陰高等学校記念野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝利の瞬間

再び着けた背番号1

最後の打者の打球がレフトのグラブに収まると背番号1が思わず手を叩いた。そしてガッツポーズも出た。
昨春以来の背番号1をつけたエースの好投で、島根4位の立正大淞南が、鳥取1位の鳥取西相手に完封勝ちを収め、準決勝に進出。これで今大会ベスト4に勝ち上がったチームはすべて島根県勢となった。試合後、立正大淞南の太田充監督は「(島根県勢がすべて勝った)前の3試合でプレッシャーをかけられていたので、とりあえずよかったです」と胸をなで下ろした。

この日、雨の影響で第一試合の開始時刻が約1時間半遅れたこともあり、第4試合目となったこの試合は、8回からナイターが点灯した。そのカクテル光線を浴び、立正大淞南の背番号1がマウンド上で一際を輝いてみえた。

その背番号1とは立正大淞南のエース・田邊健太である。昨春に一度は背番号1を着けたものの、厚みのある投手陣のなかでエースナンバーをなかなか着けられなかった。

だが、実力で勝ち取り、再び着けた背番号1。今大会初戦でいきなりその本領を発揮した。丁寧にコーナーを突くらしさを貫き、鳥取西打線に7安打を打たれながらも粘り強く要所を締め、完封勝利を飾った。

「緊張感ある公式戦のなかで、どうトレーニング積んでいくかということが大事。明日はいろいろ試したい。最後(夏)まで競争ですからね」と太田監督は手綱を引き締めたが、最後に「田邊はよかったですね」と成長した左腕を称えた。

(文=アストロ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
開星と石見智翠館が決勝進出!【選手権島根大会・27日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
益田東、石見智翠館が決戦へ!【選手権島根大会・25日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第78回 私学3強、開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第77回 歴史を作った鳥取西から倉吉北、鳥取城北の時代へ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第667回 石見智翠館の連覇で幕を閉じた春季島根県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
第646回 戦力充実の秋4強に挑むはどこか?初戦で実現する「山陰の早慶戦」に注目【大会展望・総括コラム】
広陵vs鳥取西【2014年春の大会 第122回(平成26年度春季)中国地区高校野球大会】
瀬戸内vs立正大淞南【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
立正大淞南vs米子北【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
作新学院vs立正大淞南【第94回全国高校野球選手権大会】
立正大淞南vs盛岡大附【第94回全国高校野球選手権大会】
鳥取西 【高校別データ】
立正大淞南 【高校別データ】
第50回山陰高等学校記念野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る