2011年06月11日 松江市営野球場

矢上vs倉吉東

2011年春の大会 第50回山陰高等学校記念野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

坂根(矢上)

つかみどころのない好右腕が完封

四球を出しても打たれない。
6回2死まで3四球を出しながら倉吉東打線をノーヒットに抑え込んでいたのは、矢上のエース・坂根 潤である。
坂根は、全国的には無名でも昨秋の快投で一躍有名になるなど島根県内では好右腕として知られている。
そう、彼が昨秋、開星を5安打完封した男なのだ。

終盤、坂根はピンチを迎えていた。7回、先頭の3番・鈴木慎平にライト方向へ大飛球を打たれ、右翼手が追いつくもあとわずか。グラブからボールがこぼれ、これが二塁打となって無死二塁。ここで送りバントを決められ、1死三塁という場面だった。
しかし、ここからが坂根の本領発揮だった。
5番・石橋駿介を威力あるストレートで三振に断ち切ると、続く6番・片上康介の痛烈な投ゴロに反応し、グラブで弾くと落としたボールを素早い動きで一塁に送球し、あっという間にこのピンチ切り抜けた。
そのピッチングに打線も応えた。

直後の7回裏、この回、先頭の7番・兼崎潮が左翼スタンドへ自身初本塁打というソロ本塁打を打ち込むと、続く8番・吉川裕之が中前安打で出塁。そして2番・石田貴博が左中間へ適時二塁打を放った。

【次のページ】 矢上vs倉吉東(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鳥取を代表する公立校・鳥取西と米子東が残してきた歴史とは? 【ニュース - コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
帝京、習志野、敦賀気比...。選抜を逃した強豪たち 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 県立倉敷商高等学校(岡山・中国地区代表)「新体制から中国大会優勝!延長戦2回を制した粘りがウリ!」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第4回 矢上(島根)「当たり前のレベルを上げて、最高のチームを作り上げる!」【僕らの熱い夏2019】
第21回 倉吉東(鳥取)秋の悔しさを忘れることなく「凡事徹底」で夏の栄光を目指す!【冬が僕らを強くする2019】
矢上vs石見智翠館【2011年春の大会 第50回山陰高等学校記念野球大会】
倉吉東 【高校別データ】
矢上 【高校別データ】
第50回山陰高等学校記念野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

矢上がんばれ! 矢上ナイン!!しゅうちゃん 2011.06.12
そんなに身体が大きいわけでもなく、そこまで野球が上手じゃない君たちが、一戦一戦強く、たくましくなっていく姿を見ていてうれしく思います。
今はまだ通過点。夏の大会、甲子園めざして翔けあがれ!!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る