2011年06月11日 松江市営野球場

石見智翠館vs八頭

2011年春の大会 第50回山陰高等学校記念野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

前田(石見智翠館)

記念すべき開幕ゲームを飾った石見智翠館

かつては、島根、鳥取、両県のチームが夏の甲子園を懸けて火花を散らした山陰大会。
だが、昭和34年から東中国大会(鳥取、岡山)と西中国大会(島根、山口)に分かれて夏の代表を争うようになってからは山陰地区に位置する両県同士だけで行われる大会がなくなった。

しかし、そんな歴史に加え、地理的にも交流の多い山陰地区のレベル向上の意味などを込め、昭和37年に全山陰選抜高校野球試合という名称で開催され、以後、大会名称を現在の大会名に変更し、今年で50回目という大きな節目を迎えた。

大会参加チームは両県の春季大会で準決勝に進出した8チーム。開幕のカードは、島根県の優勝校・石見智翠館と鳥取大会準決勝で優勝した鳥取西に延長10回で惜しくもサヨナラ負けを喫した八頭というカードとなった。

前日から降り続いた雨の影響もあったが、球場関係者を始め、今大会へ参加した各校の部員などの懸命なグラウンド整備があって試合予定時刻から約1時間半遅れで試合が始まった。

試合が動いたのは4回裏。石見智翠館は、この回、先頭の3番・金森翔大が左方向へ二塁打で出塁すると、四球を挟み、1死満塁。ここで7番・加藤大と8番・前田浩希が連続適時打を放った。
さらに1番・富山大志が中越えの3点適時二塁打を放ち、この回だけで一挙5点というビッグイニングを作った。
6回、7回にも追加点を奪い、7回コールドで石見智翠館が準決勝進出を決めた。

「今日は、フライアウトが少なく、低い打球を打とうとする意識がよかった」という石見智翠館の末光章朗監督。
7回を被安打3、3回の3連続を含む計7つの奪三振をマークし、完封勝利をあげたエース・前田浩希についても「立ち上がりがいまいちだったですけど、3回から真っ直ぐを多めにして、根気よく低めを突けていました。三振を多く取るピッチャーではないんですが、結果的に三振が多かったことは内容がよかったということですね」と目を細めた。
投打が噛み合い、開幕戦をコールドで飾った石見智翠館。まずは明日の準決勝だが、夏に向けてチームの状態は整いつつある。

(文=アストロ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高岡商vs石見智翠館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第101回選手権大会が開幕!八戸学院光星、高岡商が初戦突破【トーナメント表】 【ニュース - 高校野球関連】
高岡商・森田が決勝適時三塁打!延長10回の激戦を制し、初戦突破!!【第101回甲子園】 【ニュース - 高校野球関連】
第951回 15本塁打の八戸学院光星vsジャイキリの誉の開幕戦は激戦の予感!開幕日3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第6回 石見智翠館高等学校(島根)【4年ぶり10回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第1013回 甲子園に出場した先輩たちに追いつくだけでなく越える 注目のスラッガー・安田陸人(益田東)【前編】 【2019年インタビュー】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第793回 高校野球3年間で身につけた自信を胸にプロへ挑む水谷瞬(石見智翠館)【後編】 【2018年インタビュー】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集コラム】
下関国際vs八頭【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
宇部鴻城vs石見智翠館【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
興南vs石見智翠館【第97回全国高等学校野球選手権大会】
明徳義塾vs八頭【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
石見智翠館 【高校別データ】
八頭 【高校別データ】
第50回山陰高等学校記念野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る