2011年05月17日 市原臨海球場

習志野vs日大三

2011年春の大会 平成23年度春季関東地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

習志野・木村光彦

習志野が2年連続関東大会決勝進出!

2試合目は日大三習志野
昨年の関東大会準決勝でも顔合わせしているカードだ。昨年は習志野が勝利を決めている。
再戦となったこの試合ではどちらが勝利を決めるか。

1回の表、日大三はワンアウト1,3塁から4番横尾の犠牲フライで1点を先制する。
1回の裏、習志野日大三・先発畔上に襲い掛かる1番の宮内がフェンス直撃の二塁打で口火を切るとすかさず盗塁を決めてノーアウト三塁として2番中村がセンター前ヒットを放ち同点に追いつく。その後、二死満塁として7番福山がセンター前ヒットで勝ち越し。さらに8番木村の押し出し四球で1点を勝ち越す。

2回の裏、習志野はワンアウト1,2塁から5番松山のレフト前ヒット、5番小山のライト超え二塁打、7番福山のセンター前タイムリーで一気に4点を入れて7対1。

ここで日大三は先発畔上から右サイドハンド中野に交代。中野は木村を三球三振に打ち取りピンチを切り抜ける。5回の裏、2つの押し出し四死球により2点を追加し9対1に。そして7回の表、木村が三者凡退に抑えてゲームセット。習志野日大三をコールドで下し勝利を決めた。

【次のページ】 習志野vs日大三(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園歴史館で企画展、熱戦のセンバツ~伝統校の軌跡と旋風校の奇跡~が開催! 【ニュース - 高校野球関連】
ドラ1が6人も!昨年のU18日本代表の高校卒業後の進路は? 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1016回 名門・銚子商の4番を担う古井敬人!進化のきっかけとなった監督からのアドバイス 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
習志野 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
第63回春季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る