2011年05月16日 市原臨海球場

習志野vs東海大甲府(2)

2011年春の大会 平成23年度春季関東地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高橋周平君(東海大甲府)

共に12安打ながら、結果は4点の差で習志野が制す

 スタンドには確認できただけでも、8球団25人以上のスカウトたちがずらりと顔を揃えていた。
その最大のお目当ては、今年の高校生野手では、恐らくナンバー1という評価が与えられている、東海大甲府の三番ショートの高橋 周平君である。

その注目の高橋君の、結果だけを言えば5打席立って5打数3安打で2本の二塁打を放ち2打点というものだった。
2点を返してなお追い上げたい4回の2死一塁、6回の失策などで得た2死一三塁という場面であと一本は出なかったものの、マークされながらの3安打はさすがと言っていい。

村中秀人監督としても、「まあ、周平はあれくらいは打ってくれないといけないでしょう」と、高校時代に原辰徳(現読売監督)というスーパースターとともにプレーしてきた者としては、打つべき選手が厳しいマークをくぐり抜けながらも結果を出すのは当然のことと言わんばかりだった。

それよりも、村中監督としては、エースナンバーをつけている本多君に続く投手をこの大会で育成していきたいという思いがあったはずだ。
ところが、この試合では期待をして送り出した神原君が比較的早く掴まってしまい、さらには三番手として送り出した中村君は打者3人に対して1死しかとれずに降板になるなど、その課題は先送りとなった。夏へ向けては投手陣の底上げをしたいところだったのだが、そちらに関して渋い表情だった。

 一方、習志野も前日はパーフェクトリリーフをしたエース泉澤君を送り出したのだが、初回から2安打を浴びるなど、もう一つピリッとしないままだった。
結果的には、84球で完投と球数も抑え気味ではあったのだが、12安打を浴びてしまった。3者凡退としたのも、9回のみというものだった。

それでも、習志野小林徹監督としては、
「3年生でエースナンバーをつけている以上、先発したらその試合は任せるという意識でいるのは当然ですから、調子は昨日に比べてよくないのはわかっていましたけれども、代えるつもりはありませんでした」と、
どんな状況であれ、完投ということは決めていたようだった。
そういう意味では、12安打を浴びながらも、4失点で抑えたのは、よく踏ん張ったということがいえるのかもしれない。

【次のページ】 習志野vs東海大甲府(2)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第63回春季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る