2011年05月16日 袖ヶ浦市営球場

常総学院vs専大松戸

2011年春の大会 平成23年度春季関東地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

夏に向けて準備着々、常総学院が準決勝進出

 簡単に、送らない。

初回の常総学院の攻撃。
先頭の国井伸二朗が四球で歩くと、続く2番の生井永大はヒッティングの姿勢を見せる。2球目にバントの構えを見せるが、見逃してボール。この後はバントのそぶりはなく、3-2から四球を選んだ。
一、二塁となったところで、3番の和田丈が送りバント。ファースト前に転がしたが、専大松戸の一塁手・都築悠が好ダッシュを見せたこと、フォースプレーだったこと、さらに左利きだったことで三塁は封殺。1死一、二塁となった。
だが、ここから常総打線に火がつく。4番の滝沢雅也がライト前に先制打を放つと、小川悟郎は四球。さらに杉本智哉がレフトオーバーのエンタイトル二塁打。菅原拓那がセンターへ犠牲フライで一挙4点を先取した。

通常の木内幸男監督なら、初回、しかも四球でもらった走者なら、ほぼ間違いなく送りバントだ。
なぜ、送らなかったのか。
もちろん、理由があった。

「今日は二番手の勝負だからね。1点ずつ取る試合じゃないの。押していって2点以上取りたい。エース同士の勝負ならバントだよ」

この試合は準々決勝。関東大会は休養日がないため、前日から決勝まで4連戦になる。両チームとも前の日の初戦でエースを先発させており、常総学院は背番号11の秋山頌、専大松戸も背番号11の林田 かずなが先発を任されていた。
エースが先発ではない以上、ある程度の失点は覚悟しなければいけない。だから、バントして1点を取りにいくのではなく、強打を選択したのだ。

【次のページ】 常総学院vs専大松戸(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康 【ニュース - 高校野球関連】
佐々木朗希(大船渡出身)だけではない!世代屈指のサイドスロー・横山陸人(専大松戸出身)が対バッターへ調整進める 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs常総学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東金【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs昭和学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第768回 2018年のテーマは「逆方向」!春に結実 野村佑希(花咲徳栄高)  【2018年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
第63回春季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

専大松戸がんばれファン 2011.05.22
これを肥やしに夏大会では頑張れ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る