2011年05月15日 袖ヶ浦市営球場

専大松戸vs前橋商

2011年春の大会 平成23年度春季関東地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

上沢直之(専大松戸)

怪腕復活の兆し

第2試合目。この試合の注目は専大松戸のエース上沢 直之 と一年生ながらエース格の活躍を見せるサウスポー岩崎功。
二人とも予定通り先発でスカウトの願望が叶ったといえるのではないだろうか。

1回の表、上沢が無難に三者凡退に切り抜ける。1回の裏、岩崎は1番大山、2番都筑を二者連続空振り三振に切り抜ける上々の立ち上がり。上沢も四者連続空振り三振を見せる三振ラッシュを見せる。

投手戦になるかと思われたが3回の裏、ワンアウト2,3塁から2番都筑が外角に入るストレートを打ち返し左中間を破る三塁打で2点を先制。さらに3番栗原のタイムリーで1点を追加する。
そして5回の裏、この試合に1番に入った大山が甘く入ったストレートを左中間へ飛び込むホームランで4点目。普段3番を打っている大山が1番。
持丸監督は「このチームの中で本塁打を狙える打者の一人。願わくはいきなりホームランでチームの勢いを乗せればいいかなと」
先頭打者本塁打はならなかったが、このホームランで一気にチームのムードは乗る。

さらに6回の裏、児玉のタイムリーで1点を追加する。5対0として7回の表。一死からサードのエラーで出塁。二死となったところで6番東海林が放った打球はセンターへ。センター重野が目測を誤り重野の頭を超える二塁打となり1点を返し5対1。前橋商の反撃は1点止まり。
試合はそのまま進行し、専大松戸が5対1でベスト8進出を決めた。
勝利したとはいえエラーからの失点に勿体無さが残るものであった。この1点の取られ方に持丸監督は厳しく指摘。

「こういうエラーからの失点がダメなんですよ。こういうエラーから試合が崩れることがあるのだから。まだまだ甘さが残る試合内容だったと思います。ただ勝てばいいのではないのです」

ただ勝てばいいのではない。春の大会は夏の大会のためになる大会にしたいと話す持丸監督。
少しでも試合内容に拘る持丸監督の考えは千葉県大会からあったが、今でも変わらず厳しく選手たちを見ている。
悲願の夏の甲子園を目指す為に高いレベルを要求する指揮官の存在が専大松戸を強くしている。

【次のページ】 専大松戸vs前橋商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年も頭角を現してきたスーパールーキー達!徳丸は本塁打、森木は148キロ! 【ニュース - コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
秋季千葉県一次予選の組み合わせが決定!木更津総合、八千代松陰の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第215回 【逸材レポート】横山陸人(専大松戸)「貫き続けたストレートのレベルアップ。だからこそ今の立ち位置がある」【ドラフト特集コラム】
第1018回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第972回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
東海大菅生vs専大松戸【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
専大松戸vs健大高崎【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
習志野vs専大松戸【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
専大松戸vs木更津総合【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第768回 2018年のテーマは「逆方向」!春に結実 野村佑希(花咲徳栄高)  【2018年インタビュー】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
専大松戸 【高校別データ】
前橋商 【高校別データ】
第63回春季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る