高橋周平(東海大甲府)

圧倒的な存在感を示す高橋周平! 怖いもの知らずの1年生・渡辺諒!

関東大会2日目を迎えた。市原臨海では選抜覇者の東海大相模が登場。
第3試合には神奈川1位の慶應義塾対千葉1位の習志野という好カードが予定され、臨界では早くも朝の7時過ぎから行列ができるほど賑わっていた。

一方で袖ヶ浦は多くのプロ注目選手が登場する。東海大甲府高橋 周平八王子の枡澤怜。
第2試合は専大松戸上沢 直之 前橋商は1年生ながら主戦格として活躍する岩崎 巧
第3試合では選抜ベスト4の日大三、1機阿戦で本塁打を打った水戸葵陵鈴木 塁が登場。
バックネット裏には多くの球団のスカウトが詰めかける異様な風景であった。

1回の表、東海大甲府は1番堀内が四球で出塁。2番佐藤が送りワンアウト二塁で注目の高橋 周平を迎える。八王子バッテリーは勝負しないことを選択。ストレートの四球でワンアウト二塁。予選では徹底として勝負を避けられている高橋 周平。さすがにこの場面での四球には驚いたという。

「関東では勝負してくるだろうと思っていたので、初回からの敬遠気味の四球にはびっくりしました」
東海大甲府高橋 周平のチームだ。この男が起点となって流れを作っている。無理に対戦して打たれて東海大甲府の流れを持っていかれれば自分たちの野球は出来ない。
少しでも自分たちの野球ができるために彼らは歩かせることを選択した。高橋敬遠は成功し、4番仲佐を空振り三振、5番入谷をショートライナーに打ち取りピンチを切り抜ける。

その裏、八王子は1番菊池がセンター前ヒットで口火を切ると2番武藤のバント、3番小橋の死球でワンアウト1,2塁で昨日猛打賞の4番枡澤に回る。枡澤は初球を捉えた打球はセンターフライ。二死1,3塁となって5番廣木は空振り三振でチャンスを逃す。

その後は八王子・塚崎、東海大甲府の本多の投げ合い。
昨日緊張気味で腕が振れていなかった塚崎だが、この試合では気合の入った投球。4回には二死満塁のピンチをセカンドゴロに切り抜け、5回には二死2,3塁のピンチ。代打に出た渡辺がセンターへ大飛球を放ったが、センター柴田が背走キャッチを見せるファインプレーでピンチを切り抜け一気にムードが乗りたいところ。
だが東海大甲府の本多が粘り強い投球で抑えこみ、八王子の勢いを遮断していた。