八王子の弾幕

積極果敢

2011年春季関東大会が幕開けした。市原臨海の第1試合八王子文星芸大附の対決。
初回は両チームが積極果敢に攻めに出る。
ワンアウト1,2塁から4番枡澤 怜のライト前ヒット。ライトの山崎がゴロをファンブルし、後ろへ転々。その間に二塁ランナーがホームインし1点を先制。2,3塁となって5番廣木がライトへ大きな当たり。またもライト山崎が目測を誤り後逸。その間に二者生還し、3対0。7番柴田のタイムリーで4対0とする。幸先良く先制した八王子だったが、1回の裏、文星芸大附が反撃に出る。1番鈴木がレフト前ヒットで出塁するとバッテリーミス、牽制ミスで一気に三塁まで突入し、2番谷田部のタイムリーで1点を返す。3番山崎は一塁ゴロ。一塁にカバーにいった塚崎が落としてノーアウト1,2塁となって6番小峰の2点タイムリーで1点差に迫る。

しかし2回の表、八王子が追加点。枡澤のレフト線ツーベース、笛吹のツーベースで2点を追加。

以降、勢いに乗った打線は4回に2点、5回に5点、7回に2点を入れて15得点の猛攻。追う文星芸大附の勢いを遮断し、猛攻で7回コールドで勝ち上がった。

いきなりの猛攻。八王子・安藤監督は最初から積極的に仕掛けることを呼びかけていたという。
「関東大会に出場するのは14年ぶり。選手たちは地方大会の経験もないですので堅くなっているはず。そのために積極的に攻撃するか、守ってゲームを作っていこうと指示しました」