2011年03月31日 阪神甲子園球場 

日大三vs加古川北

2011年春の大会 第83回選抜高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

井上(加古川北)

加古川北がお株を奪われた時

 加古川北の持ち味が消えた――。

 そう感じたのは中堅手・柴田の指先からボールが放たれた瞬間である。

 1回裏1死・二塁での場面。日大三の3番・畔上がとらえた打球は中前へのクリーンヒット。ボールを処理した柴田は本塁へ送球したのだが、これがカットマンはおろか捕手も取れない高投となってしまった。打者走者の畔上は、難なく二塁へ進塁した。

隙あらば次の塁を目指す加古川北がやる走塁を日大三に許してしまった。

2回裏にも、2死、1、2塁の場面で、左翼手の小田嶋が同じような送球をしてしまい、さらなる進塁を与えていた。
この好機をきっちりと生かした日大三は2回で大量5点をリード。試合の大勢を決めると、以後、3回に1点5回に3点と積み重ね、これまで金星で勝ち上がってきた加古川北を相手にしなかったのである。

 走塁と守備は表裏一体とよく言ったものだ。

 隙を突く走塁を目指すチームは、守備で隙を与えない。人の隙を見抜けるから、己の隙を締めるものなのだ。 だが、今日の加古川北は、先に隙を見せてしまったのである。

「本来、我々がやらなければいけない野球を日大三高さんにやられてしまい、立ち遅れてしまった。そうなってしまうと、打つ手がなかった」とは加古川北・福村順一監督である。先手を取られたことが敗因と唇をかみしめたのである。
ただ、この一連のプレーには伏線があったのも確かだ。1回表、加古川北は1死から2番・武田が左翼前安打で出塁、いつもは動くはずが強攻策に出て、併殺に倒れている。逆に1回裏、日大三は1死から出塁した谷口が盗塁を決めている。冒頭のプレーはその後に起きているから、この攻防に差が出たことが、加古川北を追い詰めたとみても間違いはない

【次のページ】 日大三vs加古川北(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2018年春夏連覇の大阪桐蔭メンバーの現在地! 【ニュース - 高校野球関連】
強豪校が集まる激戦区も!秋季東京都大会一次予選を展望 【ニュース - コラム】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
第948回 【東東京大会総括】役者の揃っていた関東一が3年ぶりの甲子園へ!都立校や好投手の出現も際立った【大会展望・総括コラム】
桜美林vs日大三【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs東海大菅生【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大三vs都立立川【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
桜美林vs都立保谷【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大三vs聖徳学園【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」【僕らの熱い夏2019】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
加古川北 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
第83回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る