2011年03月29日 阪神甲子園球場 

加古川北vs波佐見

2011年春の大会 第83回選抜高校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

井上真伊人(加古川北)

「加古川北、昨秋の反省を生かす!」

 甲子園初勝利を挙げた加古川北
このチームの大きなポイントは、2戦目にあった。
振り返ること5カ月前。
近畿大会に出場した加古川北は、エース井上 真伊人(3年=当時2年)の完封で大阪桐蔭を破った。しかし2戦目となった準々決勝は井上が打たれた上、ミスが重なり天理に完敗。結局最後まで追い上げたことが評価されて、センバツの出場切符は掴んだが、チームは完敗に肩を落としていた。

迎えた今大会。1回戦の金沢戦では井上が完封。
そう、あの近畿大会と同じ状況になった。
この2回戦の前日。福村監督と都倉健司主将(3年)は近畿大会の反省を生かそうと選手に語ったという。同じ状況になってチームの学習力が試される重要な一戦だった。

1回表、加古川北は一死三塁から3番柴田誠士(3年)のタイムリーで1点を先制する。
前回の試合では中盤まで両者無得点の攻防だったが、この日は井上がマウンドに上がる前に1点が入った。
「味方が取ってくれて、その姿勢が伝わってきた」と井上。
しかし試合前の投球練習で不安を抱えてのマウンドでもあった。

 「直球が浮いて調子が悪かった」。
この時点で井上と捕手の佐藤 宏樹(3年)は投球の組み立てを考えなおした。
その新しい組み立てが1回裏にいきなり表れる。
1回戦でわずか1球しか投げなかったスローカーブをいきなり連発してきたのだ。
直球の調子が悪ければ、緩急でという構想が功を奏して、波佐見打線は凡打の山を築いていく。

【次のページ】 加古川北vs波佐見(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
エース・松田 遼馬がプロ入り!2011年に選抜初出場を果たした波佐見ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第925回 創成館が連覇なるか?!長崎商や佐世保実、九州文化学園など対抗馬も実力が拮抗!【大会展望・総括コラム】
社vs加古川北【兵庫県 2019年 春季高校野球兵庫県大会地区予選】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第159回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.3 「村松開人、内野裕太、水野達稀」【ドラフト特集コラム】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
彦根東vs波佐見【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第559回 第99回甲子園開幕!彦根東vs波佐見の公立校対決、復活を果たした済美の戦いぶりに注目!【大会展望・総括コラム】
姫路南vs加古川北【兵庫県 2014年春の大会 平成26年度春季兵庫県高校野球大会】
加古川北vs市立尼崎【兵庫県 2014年春の大会 平成26年度春季兵庫県高校野球大会】
加古川北vs三田松聖【兵庫県 2014年春の大会 平成26年度春季兵庫県高校野球大会】
加古川北 【高校別データ】
波佐見 【高校別データ】
第83回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る