2011年03月24日 阪神甲子園球場 

天理vs大館鳳鳴

2011年春の大会 第83回選抜高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

金縛り

 学校創立112年目で初めて聖地の土を踏んだ大館鳳鳴の捕手・成田秀は、ただ呆然と試合の流れに身を任せるしかなかった。
「頭の中が真っ白になりました」

 昨秋の秋田県を19年ぶりに制した大館鳳鳴は、東北大会2回戦で青森山田に3対4と惜敗。これに文武両道の校風、積極的な除雪ボランティアなどの地域貢献などが加わり、堂々の21世紀枠選出を受けての出場だった。

 相手は天理。86、90年夏、97年センバツと三度の全国制覇を誇り、甲子園出場は春夏通算で46回を誇る、言わずと知れた高校球界屈指の名門である。今大会出場校の中で最多となる21回目の春は、昨秋の近畿優勝を成し遂げたことで掴んだ。ちなみに4年連続で選抜に出場している。

 そんな大横綱を前に、県立の初出場校が何も感じないはずはない。
試合前から選手たちには硬さがあったと成田は言う。それは初めて味わう甲子園の雰囲気に呑まれたものではなく、天理のユニフォームからくる圧迫感だったそうだ。

 3回、一死一・二塁から天理の2番・岡部遼の捕前バントを成田自身が悪送球したことで天理に先制を許した。近畿王者の強力打線を1、2回とゼロに抑え、数少ない勝機を見出せるはずの“我慢比べ”に持ち込もうかという矢先の、手痛いミスだった。
「あれでもう、何も考えられなくなりました」(成田)

【次のページ】 天理vs大館鳳鳴(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋の兵庫県王者・報徳学園に密着!明石商撃破の裏側と夏への課題とは? 【ニュース - コラム】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
石川、井上に負けない魅力を持ったスラッガー・菊田拡和(常総学院出身)は巨人ファンの星になれるか 【ニュース - 高校野球関連】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1133回 強打の天理の中で守備の人・杉下海生(天理)。目指すは「U-18代表のショート」 【2020年インタビュー】
第1100回 ポテンシャル抜群の大型外野手・山地裕輔が天理の4番で座り続ける理由 【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 夏の準決勝敗退から始まった神宮大会優勝 日本一を狙う中京大中京の課題は【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs奈良大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大館鳳鳴 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
第83回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る