2011年06月19日 明治大学府中グラウンド(明治大学内海・島岡ボールパーク)

東京都選抜vsアーバンユースアカデミー(2)

2011年春の大会 地域限定公式戦 交流戦 日米親善野球大会
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

マウンドに集まるアーバンユースアカデミーナイン

東京都選抜が初回から打線が活発!二桁得点で完勝!

二試合目は試合予定時間の10分遅い13:40分に行われた。
選手は試合までのインターバルで談笑を交わしていた。普段敵として戦う選手たちだが、今は一緒に戦う仲間。
多くの選手がいろいろ話を交わしながら自分のモノへ消化しようとする様子が見て取れた。

2試合目は東京都選抜が先攻である。
1回の表から東京都選抜の打線が爆発する。2番金子が左中間を三塁打で出塁すると畔上がすかさず適時打で1点を先制。そして4番の横尾がまたもセンター最深部へ抜ける長打を放って2点目。二死となって松田進がライト線二塁打で3点目。
7番川内は四球でワンアウト1,2塁となって8番上西が右中間を破るスリーベース。走者一掃のツーベースとなり5対0と試合の主導権を握った。アメリカの先発クロニーを攻略した。

東京都選抜の先発は吉本 祥二
187センチの長身からマックス146キロを計測する本格派右腕として多くのスカウトに注目を集めている逸材である。
セットポジションから入り左足を真っ直ぐ上げてから重心を深く下げずに上から振り下ろす投球フォーム。速球は常時140キロ前後・マックス145キロを計測。
角度・威力を兼ね備えたストレートはこの試合で投げた投手の中では誰よりも勢いがあった。スライダー、フォークを織り交ぜていきながら3イニングを投げて4奪三振無失点の好投でスカウトに猛アピールを見せた。

4回の表、畔上が左中間を破る三塁打。そして横尾がセンター深部の犠牲フライで1点を追加する。
4回からは左腕の谷 昂輝が切れのあるストレートとスライダーを両サイドへコントロールしながら2回無失点に抑え、6回の裏からは甲子園でマックス145キロを計測した速球派右腕・川口 貴都國學院久我山)が登板。
がっしりとした体型から繰り出す140キロ台のストレートをコーナーに投げ分けていき2回1失点3奪三振の好投を見せる。

【次のページ】 東京都選抜vsアーバンユースアカデミー(2)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
丸、鈴木誠也の例から見る小園海斗の大幅昇給、FAタイミングを分析!これからも世代トップを突っ走る! 【ニュース - 高校野球関連】
韓国代表に無敗だったのは2000年以降で初!鍵は甲子園未出場組? 【ニュース - 高校野球関連】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第11回 荒川リトルシニア(東京)自主性と感謝の気持ちを学び、人として成長させる【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第82回 二松学舎大附(東東京)編「日本球界の宝・鈴木誠也の母校!近年力を増す二松学舎大附のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第2回 キューバ戦の盗塁に見る「隙を突く」戦術【WBC特集】
第20回 鈴木 誠也選手(二松学舎大附-広島東洋カープ)「苦い3年夏の経験を乗り越えて、プロ5年目を迎える誠也へ」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第106回 慶應義塾大学 横尾 俊建 選手 【2012年インタビュー】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る