2010年11月14日 明治神宮球場

大垣日大vs天理

2010年秋の大会 第41回明治神宮野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

葛西(大垣日大)

大会史上初の連覇を目指す大垣日大好発進

 今年で41回目となる明治神宮大会。
高校の部は1973(昭和48)年の第4回大会からなのだが、当初は現在のような各地区の秋季以下優勝校が出場するという形式ではなく、地区持ち回り制や、3位校の中から代表校を決定するなど、地区ごとにさまざまな方法が用いられていたということもあって、連続出場もほとんどなかった。

そんな経緯もあって、高校では連続優勝というのは未だ実現していない。97年以降に秋季大会地区優勝校が集う形になっても、連続出場そのものが非常にハードルは難しいというのも事実だ。

そんな中で、東海地区代表の大垣日大は今年、連続優勝の可能性を持って登場した。
そして、ベテランの阪口慶三監督も、「めったにないチャンスだから、連続優勝を狙いたい」と、公言して臨んでいる。

その大垣日大が、序盤に先制されて苦しみながらも、後半に同点、逆転をしていくという試合運びで、連覇へ向けて好発進をした。

天理は右の本格派西口君、大垣日大は昨年もこの大会で投げ優勝し、センバツベスト4の原動力にもなった左サイドハンドの葛西君である。
タイプの異なる両投手がそれぞれ、持ち味を発揮した投手戦の展開となった。

葛西君は丁寧に低めに球を集めて、連打されない投球術は相変わらずだ。西口君は174㎝と身長はそれほどないが、体重81㎏で力でぐいぐいと投げ込んでくる。
球速だけでいえば、5回には148㎞/hを表示。スタミナも十分ということで、投げ込んでいってもへばらない将来性豊かな投手だ。
特に、この試合ではストレートがどれだけ通用するのかということにこだわっていたようだ。
それが、5回までは大垣日大打線を無安打に抑えることにもつながっていた。

【次のページ】 大垣日大vs天理(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
激動の2018年!ドットコム編集部が選んだ高校野球10大ニュースを発表!! 【ニュース - コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
「10対0」の勝利を目指す!橿原学院(奈良)の見据える未来は? 【ニュース - コラム】
第525回 ブレずに歩み続けた先に甲子園の扉が開く! 橿原学院(奈良)【後編】【野球部訪問】
第809回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第808回 東邦が優勝!そしてフレッシュな顔ぶれもあった秋季東海大会を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
津田学園vs大垣日大【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
天理vs橿原【奈良県 2018年秋の大会 平成30年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
金足農vs大垣日大【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大垣日大vs東海大星翔【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
奈良大附vs天理【奈良県 2018年夏の大会 第100回選手権奈良大会】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第62回 大垣日大高等学校 葛西侑也、時本亮選手 【2011年インタビュー】
大垣日大 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
第41回明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る