2010年11月04日 県営大宮球場

浦和学院vs横浜

2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

1番ピッチャー・佐藤拓也(浦和学院)

敵将も認めたクレバーなバッテリー

 試合後のベンチ裏。敗れた横浜・渡辺元智監督は「完敗でした」と一言。

 一方、勝った浦和学院・森士監督(今大会は部長で登録)は「こんな試合ができるとは」と少し驚きを見せた。10安打で8得点、浦和学院にとっては、長年やられ続けてきた横浜に快勝した形だ。
 この日の立役者はやはり1番ピッチャーの佐藤 拓也。そして女房役の林崎龍也の1年生バッテリーだった。浦和学院の小林賢剛主将(2年)はこの一戦のじゃんけんに勝ち後攻を取った。

 1回表の守り。横浜の4番樋口 龍之介(1年)にタイムリー二塁打を浴びて、2点を先制されてしまった浦和学院。立ち上がりの佐藤は直球を捕えられていた。2点を追う2回裏。5番日高史也(2年)に2ランが飛び出し同点に追いついた浦和学院。さらにチャンスを繋げて、1番の佐藤が犠牲フライを放ってこの回だけで逆転することに成功。

前日のインタビューで「自分で打てればピッチングも乗ってくる」と佐藤は話している。まさにその通りの展開。

 先取点を直球を打たれる形で取られたため、2回以降捕手の林崎は勝負球にやや沈むツーシームを多投した。それが功を奏して、横浜打線は佐藤に打たされ始める。2回から4回までは無安打に抑えて、完全に立ち直りを見せた佐藤。
 4回裏、浦和学院は9番荒井大樹(2年)がスクイズを決めると、続く佐藤がセカンドを強襲するタイムリーでリードを3点に広げた。

 その直後、佐藤は5回表に併殺の間に1点を失い、2点差で前半を終える。

 グランド整備の間、横浜はいつものようにベンチ前に選手が座って、渡辺監督のミーティングを聞いていた。当然、佐藤に対する攻略についても話が出ていたであろう。

【次のページ】 浦和学院vs横浜(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
平成最後の選抜を制するのはどこだ?組み合わせ決定直後の大会展望を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs明徳義塾、浦和学院vs龍谷大平安...。過去の選抜大会初戦の好カードをプレーバック! 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
横浜vsコザ【2019年 練習試合(交流試合)・春】
横浜旭峰ポニーvs戸塚リトルシニア【神奈川県 2019年 第7回DeNAベイスターズカップ】
ヤングオセアン横浜クラブvs相模ボーイズ【神奈川県 2019年 第7回DeNAベイスターズカップ】
第577回 強い共栄をセンバツで示す 春日部共栄【後編】【野球部訪問】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第839回 第91回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
第837回 試合内容、数字面で圧倒的に上回る東海大菅生に対し、関東地区はどう対抗するのか??【大会展望・総括コラム】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
浦和学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る