2010年11月04日 県営大宮球場

東海大相模vs水城

2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近藤のタイムリーで先制のホームを踏む渡辺(東海大相模)

夏の甲子園の再戦は、東海大相模が水城を返り討ち

 約3カ月前の8月11日、甲子園大会の1回戦で対戦した両チームの再戦となった。(2010年8月11日
 ちなみに、その時は東海大相模が序盤に得点を重ねて10-5で勝っている。東海大相模は、周知のようにこれで勢いに乗って、決勝まで進出していくのだが、そのチームは“アグレッシブベースボール”を提唱していた。

 準優勝した甲子園から帰ってきて新チームがスタートしたのだが、門馬敬治監督はこの試合の前日のミーティングで初めて、新チームにもその言葉を使ったという。それは、「やっと、その意識が表れるチームになってきたから」という判断だった。そして、選手たちは、その言葉に従うかのように、初回からアグレッシブ(積極的、意欲的)な攻撃を見せた。

 初回の東海大相模は先頭の渡辺 勝君が右前打で出るとすかさず二塁盗塁を決める。内野ゴロで三塁へ進むと、セーフティスクイズは失敗したものの、2死三塁から四番佐藤大貢君が左前打して先制。2回にも、六番近藤 正崇君が中前打すると、バントと内野ゴロで三塁まで進めると、橋本君が三遊間を破って返した。まさに、積極的な仕掛けが功を奏した。

 しかし、水城の先発佐藤賢君も、徐々に自分のリズムをつかんいで行く。そして、守りから攻撃のリズムを掴みたい水城だったが5回、五番海老澤君が右前打で出ると、バントで進め、八番佐藤大君の左前打で1点を返した。流れは、水城に傾きかかった。

【次のページ】 東海大相模vs水城(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
森下暢仁がプロ初勝利! U-18日本代表時のメンバーは誰がいた? 【ニュース - 高校野球関連】
井上、遠藤が二軍で開幕スタメン! 阪神の新人高卒野手による一軍昇格は…? 【ニュース - 高校野球関連】
第1173回 中学通算23本塁打のスラッガー・松本ジョセフ(戸塚シニア)。規格外の長打力を生んだ打撃研究 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 神奈川の名門・東海大相模の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
水城 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る