2010年11月02日 市営大宮球場

横浜vs高崎商

2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

金井投手(高崎商)

高崎商、終盤追い上げたもののあと一歩及ばず

 今大会優勝候補の筆頭といわれている横浜の登場で、平日にもかかわらず多くの観客でスタンドは埋まった。

今年の横浜は、相手を圧倒するような強さを示すというものではないが、この試合でも1、2、5回にそれぞれ2死走者なしから得点したように、打線のしぶとさが印象に残った。
これに対して、高崎商は終盤に粘りを見せて食い下がり、最後はどうなるかわからないという試合となった。

初回の横浜は2死後、四球の近藤君が二塁盗塁すると、樋口君が左越二塁打して返す。
2回にも、2死からの四球の走者を九番青木君が左中間二塁打で返した。4回は、二つの死球と失策で1点を貰い、5回も2死から六番橋本君が中前打と暴投で二塁まで進むと、拝崎君の中越三塁打と失策でさらに2点が入った。
7回にも2点を追加した横浜は、その裏を0点に抑えれば、あっさりとコールドゲームで終わるところだった。

ところが、ここから高崎商は粘りと食い下がりを示した。
この回先頭の金井君は二塁打で出塁するものの2死となってあと一人。

ここで一番に戻ったが、川浦君が中堅手のグラブをかすめる二塁打で二塁走者を返すと、さらに湯浅君も中前へはじき返してこの回2点目。
内田君も右中間を破って湯浅君を返すと、四番木村君も一二塁間をゴロで抜いてこの回一気に4点を返した。

これで勢いづいた高崎商は、6回からリリーフしていた左腕関君が打たれながらも何とかこらえて、8回、9回を0点に抑える。
もうひと反撃したい高崎商は、8回こそ簡単に3人で抑えられてしまったが、9回は先頭の関君が追い込まれながらも右越二塁打して望みをつなぐと、湯浅君の中前打で帰る。
これで先発左腕山内君を引きずり下ろした。

【次のページ】 横浜vs高崎商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
都立片倉vs高崎商【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
高崎商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る