2010年10月24日 レクザムスタジアム

明徳義塾vs寒川

2010年秋の大会 第63回四国地区高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

力投を続ける尾松義生(明徳義塾2年)

「8秒」の隙間に挟んだ奇策。明徳義塾、寒川を下す!

「後半の粘りは俺が教えた中で一番」。試合後のミーティングにて高松商→日本体育大で現役時代を過ごした後、三本松坂出商高松商香川中央、そして寒川と30年以上にわたる高校監督生活を務める宮武学監督にそういわしめたことが物語るように、構図としては寒川が善戦健闘した印象が強いゲーム。

しかし、それでも最後に「我等は進む、まことの道を」と勝利の凱歌を上げたのは明徳義塾の側であった。

この試合における勝敗のポイントは1対1の同点で迎えた6回裏。明徳義塾の攻撃において馬淵史郎監督が仕掛けた「奇策」である。

先頭打者として死球で出塁した4番・北川倫太郎(2年)を進め、6番・中平亜斗務(2年)が打席に立っての2死3塁の場面。「投手の癖をしっかり見て」3球目からスタートを切る動きをしていた北川は、次のボールで相手先発の五十嵐友樹(2年)が投球動作に入るや脱兎のごとくホームへ向かってダッシュ。

「投手が動き始めて7秒あれば決まる可能性があるのでサインを出した」指揮官のサイン対し、忠実な動きを見せた北川は、8秒後には暴投となりネット裏に直接達したボールをよそにホームへ滑り込んでいた。

第2試合の途中から降り始めた雨が激しさを増し不確定要素が多い中での勝ち越し点。そして終わってみれば最後に効いたのもこのホームスチール。「だから北川が走った瞬間、中平にも『打つな!』と叫んだんよ」といつもの伊予弁で一連の説明を締めた馬淵監督は最後にこうつぶやいた。

「だから無駄みたいな練習もやらんといけないんよ」。

【次のページ】 明徳義塾vs寒川(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
周りからの期待と重圧を一身に背負い続けた森友哉(大阪桐蔭)のラストサマー 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾OB・岸潤一郎が語る、「高校野球は必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【ニュース - インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第27回 四国勢の逆襲か?過去10年間における「初戦勝率」から分析【101回大会特集】
明徳義塾vs藤蔭【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
寒川 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
秋季四国地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る