2010年10月31日 紀三井寺球場

PL学園vs和歌山商

2010年秋の大会 第63回近畿地区高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

大川悟(PL学園)

エース(?)大川、2試合連続完封!

今大会唯一の3位校同士の対戦となった第1試合は、PL学園の左腕・大川悟(2年)が、県立県立和歌山商打線を5安打に抑え完封。
2年ぶりの近畿大会1勝を挙げ、準々決勝進出を決めた。

 府大会3位決定戦(上宮太子戦)で完封した左腕が、近畿大会でも自らのスタイルを貫きとおして完封をやってのけた。
相手・県立和歌山商の田中誠藏監督が「大川投手のチェンジアップは予想以上で、なかなか対応できなかった」と振り返るとおり、微妙に曲がる変化球が相手打線を苦しめる源になった。

ただ、大川にすれば「コントロールが悪かった」と序盤から苦しんでいた。
1回は1死1、3塁のピンチを何とか凌いだが、2回、3回と先頭打者に四死球を与えた。
確かにコントロールに苦しんでいる。

それでも「バックが守ってくれました」と再三の好守に助けられて、無失点で切り抜けた。

田中監督に「序盤、(特に)1回に得点できなかったのが痛かった」と言わしめるほど。

PL学園は4回に4番岡本仁(2年)の本塁打で先制、さらに8番藤本裕規(2年)のスクイズで2点目を挙げた。
先に失点した県立和歌山商は中盤以降も何とか大川のリズムを崩そうと画策するが、大川は中々崩れそうで崩れない。気がつけば完全に大川のリズムになっていた。
結局124球でシャットアウト、4回の2点を守り切る見事なピッチングで昨年のチームも勝てなかった近畿大会1勝をもたらした。

【次のページ】 PL学園vs和歌山商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
那賀が完封リレーで二次予選進出を決める!準々決勝4試合を徹底レポート!【和歌山県新人戦】 【ニュース - 高校野球関連】
県立和歌山商vs日高【和歌山県 2019年秋季大会 和歌山県下高校野球  新人戦】
市立和歌山筆頭のDゾーンは大激戦区に!白熱の和歌山大会を展望! 【ニュース - コラム】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
近大新宮vs県立和歌山商【和歌山県 2018年夏の大会 第100回選手権和歌山大会】
第76回 歴史的に戦前の和中、海草、と戦後の箕島、智弁和歌山と4つの時代を築く【和歌山・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園 【高校別データ】
県立和歌山商 【高校別データ】
秋季近畿地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る