2010年10月23日 松江市営球場

総合技術vs大社

2010年秋の大会 第115回中国地区高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

伊田有希(総合技術)


総合技術の1年生左腕・伊田が好投

 総合技術の背番号11番、伊田有希投手(1年)が4回2安打2失点と上々のピッチングを見せた。

 いきなり先頭打者を3球三振。4者連続三振で味方にいい流れを運んだ。
期待の1年生だ。すでに今年の夏に公式戦デビューを飾っている。秋は優勝候補筆頭の広陵と3位決定戦で激突。先発した伊田は、3失点完投という見事なピッチングで中国大会切符を手に入れた。

169センチ、61キロの小さな体。左腕を地面スレスレまで振りぬく、勢いのあるフォームだ。三振に対する意識はない。

「今日も打たせて捕ろうと思った」と、ストレートとスライダーのシンプルな組み立てで緩急をつけた。

反省も忘れていない。4回に初めて走者を背負うと、2本の長打を浴びて2失点。「力んで崩れてしまった」と、未完成のフォームを気にしていた。 

前日に広島国際学院の今井金太投手(1年)が好投している。左右は違うが同じ1年生だ。「小学生のときから知っているし、気になります。自分は今井のような速いボールは投げられないけど、負けないピッチャーになりたい」。

 準々決勝の相手は尾道。県大会準決勝で6-16で敗れた相手だが、今日と同じように立ち上がりから良いリズムを作っていきたい。

 また、総合技術の小田浩監督は「1イニング11点というのは記憶にない。後がない大会なので、1点ずつ確実にいきたかった。県大会のときよりも打線の調子はいい」と、手ごたえをつかんでいた。

(文・撮影img01~04=矢島 彩)
(撮影img05~=高校野球情報.com 編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
久喜北陽vs松伏・越谷総合技術【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
山田哲人、安田尚憲、井上広大など履正社高からプロ入りしたスラッガーたちを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
鳥取を代表する公立校・鳥取西と米子東が残してきた歴史とは? 【ニュース - コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第78回 私学3強、開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第31回 開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける(島根県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第40回 出雲登場、吹くか神風!神様だって身近な選手を応援したいはず?【夏の大会特集2016】
長岡大手vs上越総合技術【新潟県 2016年春の大会 第134回春季新潟県大会】
中越vs上越総合技術【新潟県 2015年夏の大会 第97回選手権新潟大会】
佐久平総合技術vs中野立志館【長野県 2015年夏の大会 第97回選手権長野大会】
高田北城vs上越総合技術【新潟県 2015年春の大会 第132回春季新潟県大会】
総合技術 【高校別データ】
大社 【高校別データ】
秋季中国地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る