2010年10月12日 YZタカミヤホテルズスタジアム

東北vs光星学院

2010年秋の大会 第63回東北地区高校野球大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中川貴文(東北)

気遣い ~周りが見える力~

 3年ぶりの優勝を果たした東北。エースで主将の上村 健人が被安打14ながら要所を締め、3失点完投。攻撃でも安打、打点、得点、犠打など、何かしらに全員が絡んだ。失策もゼロ。試合終了は、ライトの茶谷良太が右中間を抜けようかという当たりにグラブの左手を目一杯伸ばしてナイスキャッチ。全員でつかんだ勝利だった。

準決勝の試合後、東北の選手がスタンドにいた五十嵐征彦監督に用事を頼まれた。監督のもとから去り、スタンドの通路を歩いて仲間のもとに戻ろうとしたとき、ごく自然に足元に落ちていたコンビニのビニール袋をサッと拾った。その選手は背番号9の宝田慎太郎。いつもやっていなければ出てこない自然さだった。

翌日の決勝戦。東北の勝利が決まった瞬間、東北ナインは喜び合いながら整列した。その興奮冷めぬ列の中、ある選手が光星学院最後の打者・田村のバットをそっと拾い、光星学院の選手に手渡した。他の選手は足元など気にしていない。その選手はファーストの中川 貴文。この日、2安打を放っていた。

さらに、ベンチ入りできなかった選手たちは決勝の後、スタンドを清掃していた。1塁側だけでなく、3塁側も。関係者に聞くと、自主的にやっているそうだ。

こういう取り組みが優勝という結果に結びついた、とは言い切れない。やっていないチームが勝つこともあるし、やっていても結果が出ないチームだってある。だが、優勝したチームのこういう姿が他に影響を与える。結果に結びつかないチームは、それでもやっている行動が正しいと確認し、おろそかにしているチームは見習う。それが、気持ちのいい野球場になっていくのだと思う。

(文=高橋昌江

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
聖光学院、青森山田、明桜は1点に泣く 県大会で姿を消した有力校たち【東北地区】 【ニュース - 高校野球関連】
秋9連覇の仙台育英や聖光学院撃破の東日本国際大昌平など!今秋の東北大会出場校の顔ぶれは? 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 仙台三(宮城) 「進学校野球部17人!嬉しさと悔しさを味わった秋季大会!」【冬が僕らを強くする2020】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
東海大vs東北福祉大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第925回 王者・仙台育英の勢いを止めるのは東北?それとも利府か?新鋭の登場にも期待!【宮城大会展望】【大会展望・総括コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
学法石川vs東北【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
弘前学院聖愛vs東北学院【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
東北vs仙台三【宮城県 2017年夏の大会 第99回選手権宮城大会】
仙台育英vs東北【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第152回 読売巨人軍 坂本勇人 選手 【2013年インタビュー】
第45回 福岡ソフトバンクホークス 下沖 勇樹選手 【2010年インタビュー】
第44回 東京ヤクルトスワローズ 高井 雄平選手 【2010年インタビュー】
光星学院 【高校別データ】
東北 【高校別データ】
秋季東北地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る