2010年10月31日 四日市市営霞ヶ浦第一野球場

静清vs三重

2010年秋の大会 第63回東海地区高校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

サヨナラ勝ちに歓喜の静清ナイン

サヨナラ勝ちで静清(静岡)のセンバツ初出場が濃厚に

 春のセンバツ甲子園出場をかけた秋季東海大会は31日、四日市市営霞ヶ浦第一野球場で準決勝を行い、第1試合は静岡の静清三重をサヨナラで下し、初のセンバツ出場をほぼ確実にした。三重は終盤に追いつく驚異的な粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。

 敗れた三重の沖田展男監督は、普段通りの飄々とした口調ながらも、悔しさを滲ませた。「(秋季東海大会の)準決勝で負けるのは、ここ6年間で4回目ですね」。東海地区からのセンバツ出場枠は、希望枠などを除けば2校。決勝まで進めば「当確」ランプが灯るが、昨年に続き、またも準決勝で敗れる結果となった。

 「打線は相手ピッチャーから5~6点取れると思ってたんですけどね。しょうがないですね。よう追いついたんですけどね」と沖田監督が悔やんだとおり、序盤から静清のエース・野村 亮介の落ちる系の球に翻弄された。途中、回をまたいで4者連続三振を喫したこともあった。1-3で迎えた8回表に代打・石崎翔紀のホームランで1点差に追いつくと、9回表には二死から古市賢也、岡本拓朗の連続安打で同点に追いついたが、あと1点が遠かった。

【次のページ】 静清vs三重(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
宮崎商が出場した52年前のセンバツ 【ニュース - 高校野球関連】
夏8強を経験する創部19年目・皇学館に出来た新たな施設とは? 【ニュース - コラム】
第16回 創部19年の新鋭・皇学館(三重)を支える新たな施設【冬が僕らを強くする2021】
第1032回 3強は藤枝明誠・加藤学園・常葉菊川か 東海地区の2021年高校野球を占う!【静岡編】【大会展望・総括コラム】
第1031回 昭和の名門・県岐阜商の復権。東海地区の2021年高校野球を占う【岐阜、三重編】【大会展望・総括コラム】
第1024回 7回制で戦った静岡、2人のプロ野球選手が生まれた岐阜の高校野球を振り返る【東海地区・後編】【大会展望・総括コラム】
第1031回 常連校が健在の岐阜、実力拮抗の三重と静岡 2020年東海地区高校野球を総括【前編】【大会展望・総括コラム】
愛工大名電vs三重【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs三重【第90回記念選抜高等学校野球大会】
三重vs星稜【第90回記念選抜高等学校野球大会】
日本航空石川vs明徳義塾【第90回記念選抜高等学校野球大会】
三重vs乙訓【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第182回 埼玉西武ライオンズ 牧田 和久投手 【後編】 【2014年インタビュー】
第181回 埼玉西武ライオンズ 牧田 和久投手 【前編】 【2014年インタビュー】
静清 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
秋季東海地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る