サヨナラ勝ちに歓喜の静清ナイン

サヨナラ勝ちで静清(静岡)のセンバツ初出場が濃厚に

 春のセンバツ甲子園出場をかけた秋季東海大会は31日、四日市市営霞ヶ浦第一野球場で準決勝を行い、第1試合は静岡の静清三重をサヨナラで下し、初のセンバツ出場をほぼ確実にした。三重は終盤に追いつく驚異的な粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。

 敗れた三重の沖田展男監督は、普段通りの飄々とした口調ながらも、悔しさを滲ませた。「(秋季東海大会の)準決勝で負けるのは、ここ6年間で4回目ですね」。東海地区からのセンバツ出場枠は、希望枠などを除けば2校。決勝まで進めば「当確」ランプが灯るが、昨年に続き、またも準決勝で敗れる結果となった。

 「打線は相手ピッチャーから5~6点取れると思ってたんですけどね。しょうがないですね。よう追いついたんですけどね」と沖田監督が悔やんだとおり、序盤から静清のエース・野村 亮介の落ちる系の球に翻弄された。途中、回をまたいで4者連続三振を喫したこともあった。1-3で迎えた8回表に代打・石崎翔紀のホームランで1点差に追いつくと、9回表には二死から古市賢也、岡本拓朗の連続安打で同点に追いついたが、あと1点が遠かった。