大垣日大・葛西君

大本命の大垣日大、貫録を示し豊田西投手陣を攻略

 今春のセンバツベスト4メンバーから、バッテリーと打線の中軸が残った大垣日大。この大会では、当然のように優勝候補の筆頭に推されていたが、それにたがわぬ堂々とした戦いぶりで貫録を示した。
 豊田西の右横手投げの中川君は1回戦で[school]松阪[/school]を1失点に抑えている好投手だ。低めに球を集めて、外のボールの出し入れしながら組み立ていって打者を幻惑していく。股関節にやや違和感があるということだが、それを感じさせないスムーズな立ち上がりだった。
 一方、大垣日大葛西 侑也君は甲子園でもすっかり知られた存在となったが、左横手から、切れ味のいい投球を披露。昨秋や今春から比べて、見た目にも下半身がどっしりとした印象で、球そのものももより力がついてきたという印象である。マウンドでの冷静さや、投手周りの打球の処理も上手い。連打を許さないというのも、投球の巧さといっていいだろう。

 こうして、投手戦の様相で始まった試合だったが3回、大垣日大は1死後九番安藤君が四球で出ると、すかさず二塁盗塁。2死二塁から、二番星野君が右中間に落として先制すると、さらに後藤君も中前適時打。高田君も冴える二塁打してこの回3点が入った。

豊田西の平林宏監督は1死からの盗塁を決められたことを勝負のポイントに上げた。「あそこは、阪口さんが仕掛けてくることはわかっとるんですよ。バッテリーも外したんですが、力んだのかなぁ。送球が少しそれてしまってね。あれを刺しておけば全く違う展開に持って行けたと思いますよ。東邦時代から、(阪口監督とは)何度もやらせて貰っていますし、仕掛けの早いことも分かっているのですが、勝たせてもらえません」。