豊田西・中川君

13年ぶりの豊田西、攻守に歯車が噛み合い快勝

 秋季東海大会に13年ぶりに進出を果たした豊田西が会心の試合運びで2回戦進出を果たした。

 初回、豊田西はいきなり先頭の岩澤君が中前打すると四球もあって、1死一二塁から四番岩井君が左前打して先制。さらに、失策と近藤君の犠飛で3点を奪う。2回にも1死一二塁から二番小川君が左越二塁打して二者を迎え入れ、小澤君の中前打で小川君も帰ってさらに3点。この段階で完全に主導権を奪った。

 松阪の先発中川君は元々コントロールのいい投手ということなのだが、やはり来春のセンバツを意識する戦いの東海大会である。硬さと力みがあったのは否めないであろう。いくらか制球にブレがあり、高めに外れ気味になっていた。豊田西打線はそこを上手に突いていったともいえる。

 豊田西の平林宏監督は中川君の試合前の投球を見て、「ちょっと球が浮き気味だと思ったものですから、高めには手を出すなと、そのことだけは伝えました」と試合前に選手に指示したというが、それをしっかりと守って豊田西打線は2回で5安打を集中して、6点を奪った。