2010年08月30日 近大グランド

全日本選抜vs近大

2010年秋の大会 日米親善高校野球大会 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

島袋投手

全日本選抜、近大に競り勝つ!

アメリカに遠征する全日本高校選抜チームの練習試合が29日、奈良県内のグランドで近畿大の1、2年生を相手に行われた。
高校全日本のスタメン、交代選手は以下の通り

1番:セカンド・国吉 大陸(興南)
2番:センター・八代和真(報徳学園)
3番:ショート・山田 哲人(履正社)
4番:ファースト・眞榮平 大輝(興南)
5番:ライト・後藤 駿太(前橋商)
6番:サード・我如古 盛次(興南)
7番:DH・福山 亮(東海大相模) → ピッチャー・一二三 慎太(東海大相模) → ピッチャー・島袋 洋奨(興南)
8番:キャッチャー・山口元気(北大津) → キャッチャー・磯村 嘉孝(中京大中京)→ キャッチャー・山川 大輔(興南)
9番:レフト・伊集院 駿(東海大相模)
投手:池田 駿(新潟明訓) → 中川 諒(成田) → 木村 謙吾(仙台育英) → 大西 一成(報徳学園) →残りは7番の打順に

 試合は高校全日本が2回に9番伊集院のレフト前タイムリーで1点を先制。5回には1番国吉のセカンドゴロが大きく跳ねる間の追加点。
一方の近畿大は6回に6番里村翼(PL学園出身)のタイムリーで1点差とするが、全日本は7回にもう1点を追加。

 投げては6投手が登板。特に2番手の中川は2回を4奪三振と夏の甲子園激闘の疲れも見せない見事な内容。最後は優勝投手の島袋が9回を無安打に抑えて近畿大に快勝した。

 全日本チームの指揮を執る我喜屋優監督(興南)は「甲子園が終わってからどれくらい実戦感覚が戻っているかを今日は見たかったが、選手には全日本の選手という自覚も感じられた」と手応えを感じていた様子。

 最後を締めた島袋は「周りもすごい選手ばかりで楽しんできたい。変化球でストライクを取れれば自分の投球の幅も広がる」と豊富を語った。

 尚、全日本に選ばれていた渡辺 政孝投手(九州学院)は体調不良の為、遠征参加を取りやめたことが、日本高野連から発表された。
一行は31日に出発する。

(文=松倉 雄太




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
村上宗隆(九州学院出身)が圧巻の成績!高卒スラッガーたちの3年目 【ニュース - 高校野球関連】
山田哲人、鈴木誠也など20代スラッガー6人の通算成績が異次元! 【ニュース - 高校野球関連】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第5回 2019年夏に初の全国優勝を成し遂げた履正社の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第133回 中央大学 島袋 洋奨 選手(興南高出身) 【2013年インタビュー】

応援メッセージ (3)

ヤバイ!!リックン 2010.09.07
皆さんわ凄いと思いますけど・・・・・・・・
島袋選手わ大学進学らしいです・・・
山田選手が三番なのはいいと思います。
伊集院選手が九番なのは意外です。
すごい!!ぴん 2010.08.31
メンバーがすごいですね。
これなら、どこでもかてそうですね。
試合頑張ってほしいです。
ユニフォームのん 2010.08.31
みなさんJAPANの
ユニフォームも似合ってますねえ(^^♪

カッコイイですっ★

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る