2010年08月16日 阪神甲子園球場 

新潟明訓(新潟)vs西日本短大付(福岡)

2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

池田(新潟明訓)

新潟明訓勝利で、新潟県勢初の二年連続ベスト8入り!!

6回に新潟明訓が6番間藤のレフト前タイムリーで待望の先制点をあげると、投げては池田 駿神田 健太の左右の両エースのリレーで西日本短大附打線を零封。初のベスト8に進出した。

ここ数年、高校野球の勢力図が変わってきている。
地域として、躍進する九州。その一方で低迷をする野球王国・四国。

そして地域ではなく、個別県で躍進しているのが岐阜県。

これは一つのチームが全国で結果を出すことにより、周りが一気に引きづられ全体的なレベルUPを果たしているといえるケースだ。
(もちろん、指導者の方々の努力のたまものであることは言うまでもない。)

大垣日大の選抜準優勝、岐阜城北県立岐阜商が全国で結果を出した。今大会でも土岐商は3回戦まで駒を進めた。

今までなら愛知県の強豪に行きがちだった岐阜の球児達も地元に残って野球をやる球児が増えてきているという。

「岐阜で勝てれば、全国でもいける」

そして岐阜県に続く第二の個別躍進県としての期待がかかるのが、新潟県なのだ。

昨年は日本文理が準優勝。そして今年は新潟明訓がベスト8入り。2年連続でベスト8入りしたのは新潟県勢では初めてのこと。元々、野球がさかんな地域である。BCリーグがあり、更に今年はNPBのオールスターも開催した。中学軟式野球も中越地区を中心に非常に盛んである。躍進するには土壌があった。後は結果という自信がほしかったのだ。

今回のベスト8入りが今後の新潟の球児にどう影響を与えるのか、非常に楽しみである。
後から考えると2年連続で結果を残した92回大会がターニングポイントだった。
そう言われる気がする。そんな今大会の新潟県勢の躍進である。

(文=高校野球情報.com編集部)




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
石川、韮澤の代表メンバーに上野らドラフト注目の内野手をリストアップ! 【ニュース - コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
2019年は捕手豊作!ドラフトに向けて注目した選手12名を紹介! 【ニュース - コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第947回 群雄割拠だった福岡大会を総括!それでもやっぱり筑陽学園は強かった【大会展望・総括コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第929回 中越、日本文理に割って入るチームは現れるか?過去のデータを紹介!【大会展望・総括コラム】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
西日本短大附vs熊本西【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
西日本短大附vs明豊【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
西日本短大附vs日章学園【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第935回 大切なことは「やり方」よりも心の「在り方」 近藤大樹(西日本短大附)vol.3 【2019年インタビュー】
第930回 人間力と長打力を愚直磨いた「昭和の男」 神宮隆太(西日本短大附) 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第922回 名将も認める「稀に見るキャプテン」 近藤大樹(西日本短大附)vol.1 【2019年インタビュー】
東京学館新潟vs新潟明訓【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
新潟明訓 【高校別データ】
西日本短大附 【高校別データ】
第92回全国高校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る