2010年08月12日 阪神甲子園球場 

履正社(大阪)vs天理(奈良)

2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


平良寛太(履正社)

競争力の差

 完勝といっていい。完敗といっていい。

 近畿勢同士の対決となった履正社天理。まさに、そんな試合だった。

 この試合を二つの側面から見ていた。

ひとつめ。県大会を猛打で勝ち上がって来た天理の力は本物なのか。数字が示すとおりの強さを全国大会で見せることができるのかどうか。

ふたつめ。履正社は本当に″試合巧者″なのか。

相反するチーム同士がカチ合えば、その答えが出てくるはずだ。この試合にはそんな側面があったのだ。

結果、4-1で履正社が勝った。そのスコアが示すように、後者が正解だった。

だが、実は、4点取った履正社は、適時打でもぎ取ったのはたったの1点しかない。天理も1点。安打数で履正社が上回ったのは確かだが、両者の間にあった力の差はそう大きいものではなかった。それでも、履正社の完勝といえる試合だった。

 両者を分けたものは何か。 簡単に言えば、履正社は試合に勝つ術を知っていたということだ。試合の勝ちパターンをいくつも持っていた。一方、天理は一つしかなかった。打って勝つ方法しかなかったのだ。ましてや、県大会で大車輪の活躍を見せたエースの沼田が胸に打球を受けて本調子から程遠い様子では、勝ち方を模索するのが苦しい。

履正社天理・沼田を研究していた。「変化球は外に行くことが多い」と、それを狙い打った。3点目のホームを踏んだ主将の江原は言う。

「変化球を狙いに行きました。甘いところに来るのは変化球で外が多かったですから。みんながそれぞれ意識してバッターボークスに立っていたと思います」

履正社の打者は、ただ、沼田と対戦していたわけではなかったのだ。「全員で攻撃するのが僕たちの野球なので」と江原は胸を張る。

適時打で点を取った以外の得点シーンにしても、2点目は海部が外の高めを外野フライにした。3点目も同じく犠飛で、4点目は偽装盗塁だ。1、3塁から一塁走者が挟まれ、三塁走者が突っ込む見事な走塁だった。

天理にもチャンスがなかったわけではない。6回には1死・2、3塁。7回には1死・三塁の好機を作っていた。しかも、その時、履正社は前進守備だった。いわば、内野ゴロさえ打てば、1点と言う状況だったのである。

 しかし、6回には内野が、7回には、坂倉が三振に倒れた。

天理・森川監督は「あそこで1点でも取って終盤を迎えるのとではだいぶ違った。ゴロを打てばいいというのは選手も分かっていたでしょうけど、点が取れない焦りがあったのかもしれません」と、唇をかんだ。

点が取れる最善の方法を実行したのが履正社で、それができなかったのが天理だったのだ。

とはいえ、なぜ、両者にそこまでの差があったのだろう。

そこはやはり、奈良と大阪の違いと言わざるを得ない。

奈良大会には、沼田をそこまで研究してくるチームはなかった。「打倒天理」、「対沼田」を掲げるチームはあっても、具体的に、どのように沼田を打つかを実践してきたチームはなかった。正面から天理とぶつかり無残に散ったチームばかりだったのだ。天理が県大会、一度もリードを許したことがなかったのが、何よりのいい証拠だ。

一方で、履正社は府大会8試合を戦った。格下もいたのだが、多くの試合を経験する中で、必要なプレーと不必要なプレーの取捨選択ができていた。どうやって得点を取るのか、どこで点を防ぐのかの、パターンをいくつも持っていて、常に冷静だった。180校も超える学校がある中で、そこで勝ち抜いていくための戦い方を知っていたのだ。要するに、大阪で揉まれていたのだ。

 予選大会中に、競争力がどれだけあったか、それが大きな差だった。

 奈良と大阪の高校野球のレベルを比較することはできない。だから、今回の結果だけで奈良のレベルが低くて、大阪が高いとは言い切れない。ただ……、競争力には大きな違いがあった。

大阪で揉まれた履正社―――。

やはり、試合巧者だった。

(文=氏原 英明




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋の兵庫県王者・報徳学園に密着!明石商撃破の裏側と夏への課題とは? 【ニュース - コラム】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
プロ志望届けを出した速球派右腕など国士舘大学の新入生から7名の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1133回 強打の天理の中で守備の人・杉下海生(天理)。目指すは「U-18代表のショート」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 ポテンシャル抜群の大型外野手・山地裕輔が天理の4番で座り続ける理由 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
第92回全国高校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

ホームスチールを許すなんて、、奈良太郎 2010.08.15
昔天理もスクイズ2といって
確か甲子園でも決めたトリックプレーがありました
しかし
ホームスチールを許すなんて、、
2流も良いところです。
挟殺プレー山 2010.08.14
一塁ランナーがわざと飛び出している間に3塁ランナーがホームを陥れるプレーは、履正社の岡田監督の恩師である東洋大姫路の梅谷監督が得意としていたトリックプレーですね。甲子園でも二十数年前に一度決めたことがあったのではないでしょうか。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る