2010年05月29日 県営紀三井寺球場

北大津(滋賀)vs天理(奈良)

2010年春の大会 第63回近畿地区高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

岡本(北大津)


エース・岡本粘投で天理を下す

 昨秋の近畿大会(神戸国際大附戦)で逆転サヨナラ負けを喫した北大津、この春はエース・岡本拓也(2年)の粘りのピッチングで天理に逆転勝ち。秋の雪辱を見事にはらした。
宮崎裕也監督が「よく投げてくれた」と褒め称えた2年生エースのピッチング。天理強力打線に13安打を浴びながらも、3失点で踏みとどまった。
「いつも通りです」と謙遜した岡本。序盤からピンチの連続だったが、粘りに加え、捕手の山口元気(3年)が盗塁を二度刺すなど堅守にも助けられた。

 この日の真骨頂だったのは6回、天理の4番・安田紘規(3年)に逆転2ランを浴びた直後のピッチング。2死満塁のピンチを背負い、一つ間違えば大量失点の場面だった。ここで1番坂倉侑起(3年)をセカンドゴロに打ち取りピンチを脱した。
 「インコースに勇気を持って攻められていたと思います」と宮崎監督はエースの成長を実感。2日前に練習試合で110球を投げて完投した疲れは「まったくなかった」と岡本もはにかんだ。

 昨秋の近畿大会では勝利まであとアウト1つと迫りながら無念の逆転サヨナラ負け。この冬場はかなり意識して練習に取り組んでいたという。春の練習試合や公式戦でも「1点差の場面でマウンドに上がることがあった」という岡本。転機は滋賀大会準々決勝の滋賀学園戦。追いつ追われつの接戦で8回に味方が逆転。9回1点差を守りきったことに2年生エースは自信を深めた。

 冬場で体重が3キロ減りながらも、スピードは8キロ増したという岡本。投手としてもまだまだ成長途上だ。「次はもっとインコースを突くピッチングをしたい」と準決勝の履正社戦へ早くも目を向けている。

(文=松倉雄太




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
松井秀喜が甲子園で対戦した名選手は?星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた! 【ニュース - コラム】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
山田哲人が最後の夏に放った甲子園唯一の本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
北大津vs水口東【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
北大津vs野洲【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第58回 郡山(奈良)「夏に勝てるチーム」を目指して心・技・体を磨き上げる!【冬が僕らを強くする2019】
第33回 登美ケ丘(奈良)「ライバルからのマークを振り切って、春・夏は奈良を制する!」【冬が僕らを強くする2019】
天理vs橿原【奈良県 2018年秋の大会 平成30年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
近江vs北大津【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs虎姫【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
北大津 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
春季近畿地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る