2009年10月31日 サンマリンスタジアム宮崎

嘉手納vs 宮崎工

2009年秋の大会 第125回九州地区高校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

嘉手納ナイン、歓喜の輪。


嘉手納は初優勝!

第125回九州地区高校野球は31日、サンマリンスタジアム宮崎で決勝が行われ、嘉手納宮崎工 の反撃を振り切り、初出場で初優勝を飾った。

9回裏、一打同点のピンチにもエース・池原有(2年)は冷静だった。宮崎工 の代打谷口雄大(2年)を簡単に追い込むと、ウイニングショットにはスライダーを選択。「最後は狙っていた」という三振で締め、大きな雄叫びを上げた。

「本当に素晴らしい子供たちで、幸せものです」と玉橋元博監督は感無量の表情で話した。
決勝の舞台でも気負わず、普段通りの野球を実践した。「相手の浜田(智博=2年)君は球の出所が見にくい。だからバッティングマシンと思って行け」という眞玉橋監督の言葉で力みが消えたナイン。ノビノビと思いきったフルスイングで浜田攻略に成功。先取点を奪った3回の吉田俊紀(2年)、追加点を奪った5回の山内昌伍(2年)と浜田の初球を叩いての三塁打だった。

一方のエース池原は前日の準決勝で登板がなく休養十分。さらに左腕の山城星也(2年)が完封したことで、「悔しい気持ちもありました」と発奮。

相手打線が早いカウントから打ってくるのを利用して、初球から強気の攻めで宮崎工を封じていく。
不安になったのは3連打で2点を失った7回。「少し疲れが出た」と池原が話せば、捕手の眞謝博哉(2年)も「左打者に対しての時に体が開いている。池原が疲れてきた時のシグナルです」と共通の認識を持ち始めたバッテリー。それでも「夏休みは守備練習ばかりだった」というバックを池原は信頼していた。

先頭に三塁打を浴びた8回も狙い通りの内野ゴロを積み重ねて、2点差を保った。
「池原は負けず嫌いで以前はムキになるような所があった。でも今は冷静な投手になれました」と眞謝主将はエースの成長を感じている。
「九州大会という大きな舞台で、普段通りの野球ができるか不安な所もありましたが、私の杞憂でした。子供たちは平常心でやれ、再発見できました」と九州大会を振り返った眞謝玉橋監督。
次の舞台は11月14日からの明治神宮大会。眞謝主将は「全国のレベルを知りたい」と意気込みを語った。九州制覇の自信を胸に、神宮大会に乗り込む。

(文=松倉雄太




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【沖縄県展望】Dブロックは中部商、沖縄尚学、沖縄水産などが揃う激戦区に!参加校数59校の頂点に立つのは? 【ニュース - コラム】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
興南にコールド勝ちした日本ウェルネスが登場!準々決勝2試合のポイントは? 【ニュース - 高校野球関連】
知念vs嘉手納【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
嘉手納vs八重山【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
嘉手納vs石川【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
読谷vs嘉手納【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
嘉手納 【高校別データ】
宮崎工 【高校別データ】
秋季九州地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る