2009年10月26日 どらやきドラマチックパーク野球場

石見智翠館vs広島新庄

2009年秋の大会 第113回中国地区高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

都根投手(石見智翠館)


エースの粘投で石見智翠館(旧・江の川)が準決勝へ!

 エース戸根千明(2年)が広島新庄打線に9安打を浴びながらも、粘り強いピッチングで振り切り、準決勝進出を決めた。
「全然ダメです。30点くらいです」と試合後に苦笑いした戸根。序盤から雨が降ったり止んだりの難しいコンディションにも苦しめられ、威力のある直球はなりを潜めた。

 しかし「球は走ってなかったけど、相手の打線が当てにきていたので、それを利用して打たせるピッチングにすぐ切り替えた」と主将も務めるエースは冷静沈着。さらに走者を背負ってからはしつこいくらいに牽制球を多投。広島新庄自慢の機動力を封じることに成功した。

 「勝てたことが一番」と話した戸根主将。
今年4月に江の川から校名を変更した石見智翠館。16年ぶりの選抜出場となればお披露目の場ともなる。「まだ江の川だと思っている人も多いと思う。絶対に甲子園に出て、新しい校名を知ってもらいたい」とエースで主将の言葉は力強かった。

(文=松倉雄太




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
広陵が広島新庄をサヨナラで破り優勝!2年連続で夏の甲子園へ!【選手権広島大会・28日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
益田東が完勝で甲子園へ!【選手権島根大会・26日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第511回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
第708回 3度目の正直で優勝旗を掴んだ広島新庄!春季中国大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第78回 私学3強、開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
広島新庄vs早鞆【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
宇部鴻城vs石見智翠館【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs広島工大高【広島県 2017年秋の大会 広島県1年生大会】
第431回 広島新庄高等学校 堀瑞輝選手 「強心臓を支えた自慢のスライダー」  【2016年インタビュー】
石見智翠館 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
秋季中国地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る