2009年10月25日 皇子山球場

大阪桐蔭(大阪1位)vs育英(兵庫2位)

2009年秋の大会 近畿地区高校野球大会 準々決勝

一覧へ戻る

河原右京(大阪桐蔭)


大阪桐蔭がベスト4進出!


 「これでもかというくらいに練習はしましたからね」。苦笑交じりに、有友茂史部長は話す。

 この試合、目立ったのはエース・福本を中心とした大阪桐蔭の守備であり、試合を分けたのも、また、大阪桐蔭の守備であった。

 試合は大阪桐蔭・福本、 育英 ・堀田という、関西を代表する両左腕の投げ合いが注目された試合だった。スライダーを多めに散らす福本に対して、ストレートでぐいぐいと押してくる堀田とではタイプは違うが、好投手に変わりはない。両投手の意地がぶつかり合い。1点を争う凌ぎ合いのゲームが続いた。

 3回表、大阪桐蔭が3本の安打で1死満塁とすると、堀田のストレートがわずかに外れて、1点を先制。5回表には4番・河原の適時打で1点を加え、大阪桐蔭が2-0とリードした。

 しかし、後半になってからは一転して育英ペース。堀田が力で大阪桐蔭をねじ伏せにかかり、それがリズムを作った。終盤3イニングをパーフェクトに抑えるピッチングで、大阪桐蔭打線を沈黙させた。あとは味方の反撃を待つだけだった。

 9回裏、 育英 は先頭の井村が右中間に快音を響かせる。ところが、これを大阪桐蔭の中堅手・市川がダイビングキャッチでボールをグラブに収めた。先頭を切っただけではなく、抜けていれば長打にもなり得た打球を阻止した。

 続く5番・船原が四球で出塁すると、6番・徳原が左中間に快音を響かせる。 大阪桐蔭 の中堅手・市川は今度もダイビングを試みるが、グラブをはじきボールが左翼方向へとそれる。育英の1走・船原は三塁へ走るが、ボールを拾った 大阪桐蔭 の左翼手・山足は迅速に処理しながらも、二塁へボールを転送し、打者走者を一塁にくぎ付けにした。目立たないがビッグプレーだ。

 7番・堀田が遊撃への痛烈なゴロを放つと、これが6-4-3と渡って併殺成立。 大阪桐蔭 が守備で、育英の反撃を断ちきり、試合をものにした。
「粘り強く、守りぬけた」とは西谷浩一監督である。「昨年、準々決勝で敗れていたので、この一戦への想いも強かった。この1年間がこの日のためにあるくらい」と胸を張った。守備でモノにした試合、無失策も見事だが、要所での好プレーで勝利し、センバツ当確のベスト4入りを決めた。

(文=氏原英明