2009年10月18日 皇子山球場

神戸国際大附(兵庫1位)vs北大津(滋賀3位)

2009年秋の大会 近畿地区高校野球大会 1回戦

一覧へ戻る

岡本健投手(神戸国際大附)

9回裏、最後にドラマが・・・

 神戸国際大附北大津 。1回戦屈指の好カードは最後の最後に明と暗が入れ替わった。

 9回裏、2点を追う神戸国際大附は2死1塁から9番福田優人(2年)、1番石岡諒太が連続ヒットで繋いで満塁に。続く2番松村尚哉(2年)も初球を叩いたがサード・村井昇汰(1年)が好捕。しかし村井の2塁への送球が逸れて2者が生還。神戸国際大附が土壇場で追いつくと流れは変わった。3番田中克(1年)のセカンドゴロがトンネルとなり、サヨナラゲームとなった。

 試合を終始優位に進めた 北大津 。1年生エースの岡本拓也は右サイドハンドの投手だが、時折見せるスリークオーターやアンダーハンド気味にフォームを変えるスタイルで神戸国際大附打線に的を絞らせず。

 打線は4回、先頭の2番大野晋平主将(2年)が三塁打でチャンスを作ると、続く3番北林雅也(2年)がレフト前へタイムリー。兵庫大会わずか1失点の神戸国際大附エース・岡本健(2年)から先に点を奪った。

さらに4番小谷太郎がライトスタンドへ特大の2ラン。岡本健に公式戦初被弾を浴びせた。「勝つとしたらこの形しかない」と宮崎裕也監督が話したように、まさに思い描いていた以上の試合展開。

 しかし飄々と投げていた岡本拓也が7回、先頭の代打・石橋拓郎に四球を与えてしまう。結局この走者が生還し、リードは2点差になった。

 「岡本はよく投げたと思いますが、やはりまだ1年生ですね」と宮崎監督はエースの力投を誉めるとともに、苦言も忘れなかった。

 そして、9回2死からの守りの乱れ。「サードがウチのウイークポイントで不安だった」と話した宮崎監督。現にエラーをしてしまった村井はこの日3人目の三塁手だった。コンバートも含めて、チームの見直しを口にした指揮官。

 「でもあの状況で逆転できる国際さんはやっぱり強いです。ウチが逆の立場だったらひっくり返せていない」と練習試合などで親交の深い神戸国際大附を讃えた。

一方の神戸国際大附にとっては、新チーム結成後公式戦で初めて先制される苦しい流れをモノにできたのは大きい。エースの岡本健主将は「近畿大会で今まで以上に緊張してしまったが、みんなが繋いでくれて勝てた」とチームに感謝。

 試合終了からしばらくして、ホッと胸を撫で下ろす青木尚龍監督の元に、 北大津 ・宮崎監督が祝福に訪れた。

(文=松倉雄太