バファローズJr.が3本被弾も執念の逆転勝ち!小川監督は就任後「初白星」



同点打を放つオリックスJr.4番・北野 蒼葉投手

<NPBジュニアトーナメント:バファローズJr.7ー5ベイスターズJr.>◇28日◇横浜スタジアム

バファローズJr.が逆転勝ちで乱打戦を制した。初回に相手のバッテリーミスなどで3点を先制するも、2回にはベイスターズJr.の6番・瀬戸 虎太朗外野手(世田谷ボーイズ)のソロ、3回には4番・立花 虎之介内野手(金沢イーグルス)の3ランに続いて5番・西崎 太賀外野手(大曽根ライガース)のソロと3本の本塁打を浴び、逆転を許した。

 ホームランの度に「デスターシャ」のパフォーマンスが球場に響き渡り、ベイスターズの本拠地・横浜スタジアムは盛り上がりを見せる。それでも終盤5回に連打で一挙4点を奪い試合を決めた。「雰囲気にのまれず、選手たちが粘り強く戦ってくれた」と小川 博文監督(拓大紅陵ープリンスホテルーオリックス2位)は選手たちの諦めない姿勢を讃えた。

 5回に同点打を放った4番・北野 蒼葉投手(泉佐野レッドスターズ)は「ホームランを3本も打たれてしまったので、バッティングで同点にできてよかった」とバットで悔しさを晴らした。続く5番・大濵 永佳内野手(ビクターズ)も「蒼葉が回してくれたので、ここで打つしかない」と気合いを入れ、決勝の2点適時打を放った。

 小川監督にとっては就任2年目で初の白星だった。北野は「監督に初勝利をプレゼントできて嬉しい」と笑顔を見せた。大濵は「強いチームに行って、トップクラスの選手になりたい」とNPBジュニアでの経験を胸に飛躍を誓った。

(取材=藤木 拓弥)