村田が1失点完投!明治大が関西大との投手戦を制す



完投した明治大・村田 賢一(3年=春日部共栄)

<第53回明治神宮野球大会:明治大2-1関西大>◇20日◇大学の部・2回戦◇神宮

 東京六大学野球連盟代表の明治大が関西五連盟第2代表の関西大との接戦を制した。

 関西大の先発は鷲尾 昂哉投手(4年=登美ヶ丘)。「(関西大の)ピッチャーがみんな良いのはわかっていましたし、点を取るとしたら飛び道具を使って一刺しするしかない」と考えていた田中武宏監督だったが、1回表から飛び道具が発動する。

 それが俊足を武器とする2番の飯森 太慈外囲野手(2年=佼成学園)だった。1死から四球で出塁すると、初球に盗塁を決めて二塁に進む。さらに3番・宗山 塁内野手(2年=広陵)の中前安打で三塁に進塁すると、4番・上田 希由翔内野手(3年=愛知産大三河)の二塁ゴロで本塁に突入。関西大の内野陣は前進守備を敷いていたが、飯森の足が勝り、セーフとなった。

「自分の足で少しでもチームに貢献できたらと思っていたので、良かったです」と話した飯森。明治大はこの回にもう1点加え、初回から2点のリードを奪った。

 先制を許した鷲尾だが、その後は力のある速球とスプリットを交え、明治大打線を手玉にとる。3回以降は1本も安打を許さず、8回を投げて3安打13奪三振2失点の好投を見せた。

 関西大は2回裏に8番・佐藤 慶志朗内野手(2年=愛工大名電)の中前適時打で1点を返し、反撃の流れを作る。しかし、明治大先発の村田 賢一投手(3年=春日部共栄)も好投。「自分の持ち味を尻上がりに出すことができた」とテンポ良く、低めを丁寧に突く投球で3回以降は得点を許さず、104球という少ない球数で1失点完投勝利を収めた。

 投手戦をものにした明治大は22日の準決勝で上武大(関東五第1代表)と名城大(北陸・東海三)の勝者と対戦する。明治大は優勝した6年前も初戦で関西大を下しており、その再現といきたいところだ。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。