佐賀フィールドナインが8強 初回に1番田中の三塁打で流れ引き寄せる



田中昊汰郎(佐賀フィールドナイン)

<第16回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ:フレッシュ佐賀フィールドナイン5-1高崎中央ボーイズ>◇16日◇2回戦◇府中市民

 試合は初回から動いた。1回表、フレッシュ佐賀フィールドナインの1番田中昊汰郎内野手が振り抜いた打球は、左中間を真っ二つに割る三塁打となる。続く2番片山大雅捕手が遊ゴロでアウトとなる間に田中がかえり、フレッシュ佐賀フィールドナインが先制する。1死となり走者がいなくなるも、3番岡部修弥投手が逆方向に放った打球は、左中間に転がり三塁打となる。1死三塁で打席には4番向井雄一郎外野手。この打席で若林暁生監督は「滅多に出さない」と振り返ったスクイズのサインを出し、これに向井が応え成功、2点目を加えた。勢いに乗ったフレッシュ佐賀フィールドナインはその後2死一塁となり6番草場大駕内野手、7番西原維吹内野手にも連続適時打が生まれ、初回に4点を入れた。

 直後の1回裏、追いかける高崎中央ボーイズは、1番長田甚太郎内野手が二塁打を放つと、2番川田恭維外野手の打席の際に、捕手片山からの牽制球の間に長田が三塁に進塁する。無死三塁となり川田の一塁ゴロの間に長田がホームを踏み、1点を返す。

 高崎中央ボーイズは続く2回、安打や四球、相手の暴投などで1死二、三塁のチャンスを作るも、そのあとが続かず得点を奪うことができない。

 ピンチを耐えしのいだフレッシュ佐賀フィールドナインは3回表、先頭の4番向井が四球で出塁すると2死ながらも三塁に走者を置き、7番西原が適時打を放ち1点を加えた。

 序盤の攻防から乱打戦による点の取り合いの展開が予想されたが、中盤以降両チームとも安打などで走者を出すも、スクイズの阻止や併殺打などで得点を許さず、スコアボードに0が並び続けた。

 試合は7回裏、追いかける高崎中央ボーイズは、フレッシュ佐賀フィールドナインの2番手投手としてマウンドにあがった向井の前に走者を出すことができず、5対1でフレッシュ佐賀フィールドナインが準々決勝へ駒を進めた。

 フレッシュ佐賀フィールドナイン若林監督は初回の得点について「1番の田中が出たら2点ぐらいとれるかもしれないと思っていたが、長打で勢いをつけてくれた」と振り返った。田中も「まず初回に自分が出塁して勢いをつけたいと思っていた。最初は力が入っていたが自分の気持ちを落ち着かせて来た球をしっかり振ろうと思った結果が三塁打になった」と話し、監督と選手の考えの一致が先制点につながった。

 次の準々決勝では同じ九州の福岡ボーイズと対戦、これまで試合も複数回行っているが、九州対決を制するのはどちらのチームとなるだろうか。まだまだフレッシュ佐賀フィールドナインから目が離せない。

(記事=編集部)