福岡ボーイズが逆転で接戦制す 左腕・青木が粘投、2番川崎が決勝打



青木一志(福岡ボーイズ)

<第16回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ:福岡ボーイズ4-3青森山田リトルシニア>◇16日◇2回戦◇府中市民

 試合は序盤、青森山田リトルシニア先発・葛西陽永投手と福岡ボーイズ・青木一志投手による投手戦となった。両チームとも、なかなか走者を出すことができず、先制点が重要になる試合展開かと思われた。

 試合が動いたのは4回だった。4回裏、青森山田リトルシニアは先頭の2番原田琉生内野手が左前安打を放つと、エラーの間に三塁まで進む。その後1死一、三塁となり5番佐藤光史郎外野手のスクイズで先制する。この時に相手の送球エラーにより一塁走者は三塁まで進むも、二塁を狙った佐藤は二塁でアウトとなった。勢いを失いかけたと思ったが、6番田中煌士外野手が2打席連続の安打となる三塁打で1点加えると、続く7番堀内蓮内野手の打球が投手を強襲、気迫のヘッドスライディングで安打をもぎ取り、この回3点を入れた。

 先制された福岡ボーイズは6回表、先頭の2番川崎哲平外野手が四球で出塁するも後続の打者が続かず2死となった。しかし、5番藤崎大翔外野手が四球を選ぶと相手の暴投もあり、2死ながら二、三塁のチャンスを作る。打席には7番山本蓮優内野手。山本が放った打球は右翼手の頭上を越え、走者2人がかえる適時三塁打となった。流れに乗った福岡ボーイズは続く7番木庭徹也が二塁手の頭を越えるヒットで同点に追いつき、試合を振り出しに戻すことに成功した。

 同点に追いついた福岡ボーイズの流れは最終回も続いた。1死後、二番手投手としてマウンドに上がり好投を続けていた9番原口和輝投手が四球で出塁。続く1番山田瑠毅内野手が二塁打を放ちチャンスを拡大すると、2番川崎が中前へ安打を放ち、勝ち越することに成功した。

 逆転された青森山田リトルシニアは7回裏、何としても追いつきたかったが、この回からマウンドに上がった山田の前に三者凡退し、4-3で福岡ボーイズが逆転で勝利を収めた。

 試合後、値千金の適時打を放った福岡ボーイズ・川崎は「今日の試合は負けてもいいから、悔いを残さず楽しんでやっていこうとチームで話していた」と話し、決勝打については「チャンスで打順が来たので自分で決めなきゃいけないと思った」と振り返った。試合中も全員野球や繋ぐといった声が試合に出場している選手だけでなく、控えの選手からも聞こえた福岡ボーイズ。次戦でも全員野球で勝ち進む。

(記事=編集部)