四国No.1左腕の攻略に成功した近江 価値ある逆転勝ちで初戦突破



石浦暖大(近江) ※写真は過去の大会より

トーナメント表
夏の甲子園の組み合わせ

関連記事
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

<第104回全国高校野球選手権大会:近江8-2鳴門>◇7日◇1回戦◇甲子園

 大会前から注目されていた好カードは、近江(滋賀)が鳴門(徳島)の好左腕・冨田 遼弥投手(3年)を攻略して勝利した。

 前半まで冨田のコーナーを厳しく突く投球の前にあと1本が出なかったが、近江打線がファウルで粘る姿勢を続け、勝利へと導いた。

 球数を投げさせたことで、終盤には徐々に冨田の球威が落ち、山田 陽翔投手(3年)をはじめとした右打者たちが、外角に外そうとして甘く入った高めの球を振り抜き、次々と長打にした。15安打中、長打は5本。逆転した5回以降は9安打を放つ猛攻だった。山田が注目されるが、それ以外の選手たちがレベルの高さを示した。

 前半は苦しい試合展開だったが、四国No.1左腕の攻略に成功し、逆転勝利を挙げたことは大きな値打ちがある。