佐々木麟太郎、4打数無安打。チームも強打が沈黙。夏に復活なるか?



3番ファースト・佐々木 麟太郎(花巻東)

<春季東北地区高校野球大会:東北3-1花巻東>◇9日◇準々決勝◇県営あづま

 今年の花巻東(岩手)は高校通算69本塁打の佐々木 麟太郎内野手(2年)を中心とした破壊力抜群の攻撃力が持ち味である。昨秋は東北大会で優勝して、明治神宮大会ベスト4に入った。今センバツでは初戦敗退を喫したが、春季県大会4試合で46得点と高い得点力を誇る。

 しかし東北大会初戦で、わずか2安打1得点に終わった。その1得点もバッテリーミスから奪ったもので、適時打はなかった。完敗といっていい内容だった。

 佐々木は4打数0安打。明らかに調子を落としており、ヒッチが大きく、全体的に始動が遅めで、130キロ台の直球でも差し込まれていた。今まで見た佐々木の中で一番悪く見えた。

 佐々木は「完全に実力不足です。チームを勝たせる打撃をすることを心がけているのに、全くできなかった」と肩を落とす。特に6回裏のチャンスの場面で三振したことを一番悔やんでいた。

 東北の投手陣は確かに良い投手ではあるものの、好調時の花巻東打線ならば打ち崩してもおかしくない。主将の田代 旭捕手(3年)は「本当にフライばかりを打ち上げてしまって、この試合についてうちの良いところはまったくない」と振り返る。

 フライアウトは12個。昨秋の公式戦で見せた鋭いライナー性の打球が次々と飛び出し、軽快な走塁で得点を重ねていく様子とはまるで別人だ。
 田代主将は「当時は1人1人が自分の役割を理解していて、振り回して長打を狙うのは佐々木だけでいいぐらい。あとは自分の役割に徹することができていました。
 今日の試合は、ただ打ち上げるだけで何もできなかった。県大会、練習試合で打てていたので、どこか甘さがあったかもしれません。このままでは本当に行けないと思っています」と危機感を露わにしていた。

 自分の持ち味を発揮できずに完封負けに近い敗れ方だった。この負けをきっかけに秋に見せたしつこさと佐々木の強打がかみ合った野球の復活を目指す。