報徳学園がセンバツ8強の市立和歌山に完勝!



1回表に先制の適時二塁打を放った岩本聖冬生(報徳学園)

<春季近畿地区高校野球大会:報徳学園8-2市立和歌山>◇21日◇1回戦◇紀三井寺運動公園

 報徳学園(兵庫)がセンバツ8強の市立和歌山に快勝した。

 市立和歌山は最速149キロ右腕の米田 天翼投手(3年)が先発。しかし、「カーブでストライクが取れず、ほとんどのバッターに対してボールから入ってしまった」と制球に苦しみ、1回表には無死一塁から2番・岩本聖冬生外野手(2年)に左越え適時二塁打を浴びて、先制を許してしまう。

 対する報徳学園は背番号3の正重怛太投手(3年)が先発。プロ注目左腕の榊原 七斗(3年)は5番中堅手で出場した。正重も立ち上がりは制球が定まらず、押し出し四球で同点に追いつかれてしまうが、なおも2死満塁のピンチで捕手の堀 柊那(2年)が牽制で一塁走者をアウトにして、正重を救った。

 すると、流れは報徳学園に。2回表に2死二塁から9番・金澤阿呂空内野手(3年)の左前適時打で勝ち越しに成功すると、3回表には榊原の「打った瞬間にいったと思いました」という右越え3ラン本塁打などで4点を追加。5回表にも金澤のスクイズで1点を加え、前半戦で試合の主導権を握った。

 正重は6回裏に押し出し死球を与えて2点目を奪われたところで降板したが、先発としての役割は十分に果たす。2番手の盛田智矢投手(2年)も市立和歌山の反撃を無失点に抑え、序盤で流れを作った報徳学園が8対2で完勝を収めた。

 「県大会通り、攻撃的な野球ができたと思います」と充実感を滲ませた大角健二監督。準決勝では昨夏の甲子園を制した智辯和歌山と対戦する。快勝の勢いをそのまま持ち込みたいところだ。

(記事:馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。