元プロ監督対決は智辯和歌山に軍配!打線繋がり6回コールド勝ち



6回無失点の好投を見せた智辯和歌山先発の塩路柊季

<春季近畿地区高校野球大会:智辯和歌山10-0西城陽(6回コールド)>◇21日◇1回戦◇紀三井寺運動公園

 智辯和歌山の中谷仁監督(元阪神など)、西城陽の染田賢作監督(元横浜)による元プロ監督対決は智辯和歌山の圧勝に終わった。

 西城陽は京都大会で好投を続けた藤川泰斗投手(3年)が先発。その藤川に対して、「真っすぐのキレとスライダーのコントロールが良いのはわかっていたので、それを狙って行きました」(岡西 佑弥主将=3年)と智辯和歌山打線はしっかり対策を立てていた。

 智辯和歌山は1回裏、2死一、二塁から5番・岡西の中越え2点適時二塁打で先制すると、3回裏には1死二、三塁から4番・青山 達史外野手(2年)の中前2点適時打で追加点を挙げる。調子は悪くなかったという藤川だが、「初球からどんどん振ってきて、上手くかわすことができなかったです」と悔やんだ。

 投げては先発の塩路 柊季投手(3年)が「初球の変化球でストライクが取れず、決め球の変化球が上手く決まらなかったので70点」という出来ながら、140キロ台前半の力のある速球を投げ込み、3回まで1人の出塁も許さない。突破口を開きたい西城陽は4回表に1死から2番・中田爽太内野手(3年)がチーム初安打を放つが、そこからチャンスを広げることはできなかった。

 智辯和歌山は6回裏、相手のミスで1点を加えると、2番・多田羅浩大(2年)の中越え2点適時二塁打、青山の中越え2点適時三塁打、岡西の右前適時打と打線が繋がり、10点差として6回コールド勝ち。智辯和歌山が準決勝にコマを進めた。

 智辯和歌山は塩路が6回2安打無失点の好投、打線も4番・青山が2安打4打点、5番・岡西が2安打3打点と軸となるべき選手がしっかりと結果を残した。投打が上手くかみ合った試合となり、今後に向けて勢いがつく勝ち方となった。

 京都大会からの快進撃から一転して悔しい結果となった西城陽。「まだまだ上がいると身に染みたと思います。自分たちでよく練習する子たちなので、またこれから頑張らないといけないと思ってくれると思います」と染田監督は選手の奮起に期待していた。これまでより一つ上のステージで戦えたことは夏に向けて大きな収穫となったことだろう。

(記事:馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。