春の関東王者・浦和学院 宮城、金田に加え芳野、浅田の一本立ちに手応え



浦和学院 先発・芳野大輝

<春季関東地区高校野球大会:浦和学院4-1関東一>◇29日◇決勝◇宇都宮清原

 2022年春の関東大会は浦和学院(埼玉)が5年ぶり7回目の優勝を飾った。「夏に繋がっていく良いゲームでした」。試合後、浦和学院の森大監督は清々しい表情で振り返った。センバツ4強を経験し、この春季大会はエース左腕・宮城 誇南投手(3年)以外の投手陣と下位打線の成長に期待して采配し、頂点に登り詰めた。

 先発した左腕・芳野 大輝投手(3年)は130キロ中盤の直球とチェンジアップを軸に6回4安打1失点と関東一打戦を相手に好投。森監督も「よく投げてくれた」と芳野を称えた。宮城を支える左腕として一本立ちを期待している。2番手の右腕・浅田 康成(3年)も2回を無失点で繋いだ。初戦の桐蔭学園(神奈川)戦では8回まで無失点の2失点完投と好投していた。2人の3年生投手が結果を残し、投手陣の底上げもみられた。

 特に関東一の1番・柳瀬 冬和外野手(3年)、3番・井坪 陽生外野手(3年)を無安打に抑えたことが大きかった。「しっかり振れていましたので、上位打線を『線』にさせなかったことがよかった」と森監督も勝因の一つに挙げた。

 上位打線が機能し得点した中で、7回には6番・八谷 晟歩主将(3年)が右方向へ快打し、貴重なダメ押し適時打が生まれた。一塁上では声を挙げて感情を表した。八谷主将について森監督は「オレがオレが、というタイプではないですが、自分が決めるという気持ちも出てきました。近江の山田くんに感化されている部分もある」とセンバツ準決勝で敗れた近江の主将・山田 陽翔投手(3年)の姿から学ぶものもあったようだ。

 全国制覇を狙う浦和学院。夏は宮城と金田に芳野と浅田も加わった4枚の投手たちを軸に激戦区・埼玉大会を勝ち上がる。