想定通りの乱戦。浦和学院の恐怖の2番が5打点の活躍で明秀日立を破り4強!



3安打目を打つ伊丹一博(浦和学院)

<春季関東地区高校野球大会:浦和学院9-7明秀日立>◇24日◇準々決勝◇栃木県総合運動公園

 明秀日立(茨城)vs浦和学院(埼玉)の一戦は乱打戦の末、浦和学院が勝利した。

(試合経過はこちら

 センバツに出場し、今年の世代では関東地区をリードするチーム同士の対決とあって、スタンドは多くの観客で埋まった。この試合、両校にとっては夏へ向けて意味がある試合になる。お互いの勝ち上がりを見ても、実力差を見せつけて勝ち上がっている。自分たちのペースで試合運びができた。だが、実力が拮抗しているからこそ、思いもよらない展開が起こる。

 それは浦和学院・森監督も覚悟していた。

「好投手同士の対戦は投手が実力を発揮して、投手戦になるか。大味の試合展開になるか。どちらかになることが多いんです。点を取られることは覚悟していた」

 まさにそんな試合運びだった。

 先発マウンドにたったのは宮城 誇南投手(3年)。センバツ後は、トレーニングを積み、夏に通用する球速アップに励んできた。立ち上がりから140キロを計測するなど、明らかに威力はアップしている。

 関東大会出場投手の中では別格の投手であるが、どうもコントロールがまとまらない。

 1回表、明秀日立の5番小久保 快栄内野手(3年)に右前適時打を許して1点を失い、さらに2回表にも本坊 匠外野手(3年)の適時打で1点を失い、3回にも1点を取られた。

 森監督はここまでの失点内容はある程度覚悟していた。

明秀日立さんの打線にしっかりとストレートを弾き返されていましたし、球速が速くなるとそれに頼ってしまうところがあります。それも含めてまだ成長過程なので」

と今後の投球でさらに精度を高めることを期待していた。ただ、5回表、宮城の悪送球から2点を許してしまい、同点となった。森監督も打たれたことよりも、ミスによる失点について反省を促していた。

 対照的に、打線は明秀日立猪俣 駿太投手(3年)、石川 ケニー投手(3年)から9得点を奪った。特に2番・伊丹 一博外野手(3年)は、3安打5打点の活躍を見せた。伊丹は「次につなぐつもりで打席に立ちました」と振り返ったが、甘く入れば、確実にヒット、長打にできる強打の2番打者がいるのは、相手にとって怖い存在だ。

 その後は金田 優太内野手(3年)、鍋倉 和弘内野手(3年)、高山 維月捕手(3年)と強打者が続く、この打線は強力だ。9回は2点差まで迫られたが、なんとか凌いで、2017年以来となる5年ぶりのベスト4進出が決まった。

 次の相手は山梨学院と、関東大会準決勝以来の対決だ。

 リベンジを果たすべく、自慢の強打を発揮する。