作新学院、投打の柱が躍動。伸び盛りの2年生ショートが本塁打含む5打点の活躍でコールド勝ち



3番ショート・武藤匠海(作新学院)

<春季関東地区高校野球大会:作新学院10-3つくば秀英>◇22日◇2回戦◇宇都宮清原

 作新学院(栃木)が自慢の速攻劇で勝利を収めた。

 1回表、1死から2番菅原 拓内野手(3年)の内野安打、3番・武藤 匠海内野手(2年)の安打でチャンスを作り、4番・齋藤 崚介内野手(2年)の適時打で1点を先制すると、2回表には打線がつながり、2番・菅原、3番・武藤の連続適時打などで一気に4点を追加。3回表にも犠牲フライで1点を追加し、6対0とリードを広げた。4回裏には3点を取られたが、5回表には磯圭太内野手(2年)の適時打で1点を追加した。

 狙い球をしっかりとコンタクトして、次々にヒットゾーンへ運ぶ。一気に畳み掛ける作新学院打線は今年も健在だった。

 その中でも3番遊撃手の武藤が総合力の高さを見せつけた。打席で捕手寄りに立ち、球を手元まで呼び込み、レベルスイングでライナー性の打球を連発。8回表には左翼スタンドへ飛び込む2ランを放つなど、5打点の活躍だった。

 守備でも強肩が光った。高校2年生でこのレベルは出色しており、来年の栃木県どころか、関東地区を代表する有力遊撃手として注目されそうだ。武藤は「課題としていた引き付けて打つことができました」と振り返り、この日の1発は高校通算3本目。公式戦では初本塁打となった。

 今年も、武藤のほかにも、俊足でベースランニングもうまく、ミート力が高い左打者が多い。2番の菅原はなんと5打数5安打。作新学院の小針監督は、「打撃練習の内容もよく、伸びしろを感じていた選手の1人。練習の内容が公式戦で発揮できてよかったです」と菅原の活躍を評価した。菅原は「県大会では全く打てず、迷惑をかけていたので、なんとしてでも出塁するつもりでした。確かにミートするつもりでした」と振り返る。

 投げてはエース左腕の横尾 潤投手(3年)が好投した。常時120キロ後半〜130キロ前半の速球と、120キロ前半のカットボールを投げ分ける技巧派。「途中、低めのストレート、変化球を見極められて嫌な感じがしました」と4回に3点を失うが、強気の内角攻めが生きて、6回を3失点(自責2)にまとめ、相手に流れを与えなかった。

 「昨秋まで見極められて、打たれるパターンが多かったんですけど、右打者だけではなく、左打者にも内角を攻めることができたので、凌ぐことができたと思います」と、攻める引き出しが増えたことで、最低限の仕事ができた。

 横尾のあとを受けたのが、この日は6番右翼でスタメン出場していた菊地脩斗投手(3年)。左足を高々と上げてバランスよく立って、左足を勢いよく踏み込む。テークバックを大きく取って、豪快に振り下ろす投球フォームから繰り出される直球は常時135キロ〜140キロで、球場表示では144キロをマーク。速球の勢いは関東地区でもトップクラスだろう。シャープなスイングが光る左打者でもあり、身体能力の高さが分かる。

 中学時代は捕手。高校では外野手だったが、3月から本格的に投手練習を始めた。肩の強さを見込まれて投手に転向したが、肩の強い外野手はそのまま肩の強さを球威に反映できるかといえばそうではなく、助走がない分、球速を出すのは難しい。そこで菊地は大谷 翔平投手(エンゼルス)の左足の踏み込みを参考にした。歩幅を広く取って、勢いよく踏み込む動きをしたことで、「投げる感覚をつかみました」と140キロ台連発につながった。この日は、2番手として7回から登板し、つくば秀英打線に2イニングで3安打を打たれ「コントロールが甘くなってしまいました」と反省し、次回は修正に取り組む。

 投打のキーマンが活躍した作新学院の準々決勝の相手は、投手力が高い市立船橋(千葉)をコールドで破った強力打線・山村学園(埼玉)。伸び盛りの作新学院投手陣の現状の実力、課題を測るには絶好の相手となる。

(記事:河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。