早稲田大のドラフト候補は快音響かすも1安打のみ 伝統の一戦へ闘志燃やす



早稲田大4番・蛭間拓哉

<東京六大学野球春季リーグ:立教大7-3早稲田大>◇2回戦◇15日◇神宮

 立教大の前に連敗という結果になり、勝ち点を落とした早稲田大。小宮山監督、主将の中川 卓也内野手(4年=大阪桐蔭)ともに守備面の改善を課題に掲げた。打線は9安打を集めるなど、立教大の10安打に匹敵する結果だっただけに、エラーによる失点が悔やまれた。

 注目の中川、そして蛭間 拓哉外野手(4年=浦和学院出身)はともに4打数1安打を記録。マルチ安打とはならなかったが、打席内容は悪くなかった。

 中川は、第1打席に7球粘った末に三振したが、島田 直哉投手(4年=龍谷大平安)のスライダーに食らいついた。続く2打席目は追い込まれてから低めへの変化球に対して下半身を柔らかく使い、チーム初安打をマークするなど、対応力の高さを示した。

 4番に入った蛭間は、6回にレフトへの二塁打で打点1をマークするだけに終わったが、その際も開きを抑えて、上手く反対方向へはじき返した。

 その後の4打席目もレフトライナーに終わったが、追い込まれてから最後は右手1本で打ち返したにもかかわらず鋭い当たり。存在感は際立っていた。

 とはいえ、チームは第6週が終わって5位。勝ち点は最下位の東大から挙げただけに終わっている。中川主将は、その点について危機感を感じており、「秋に向けても早慶戦で勝ち点を取って、実りのある春にしたい」と伝統の一戦に向けて決意を新たにした。

 蛭間も主砲として「チームを勝たせる一打を打てるようにしたい」と意気込みを語った。

 伝統の早慶戦は、5月28日、29日に開催予定だ。

(記事:編集部)