目次
全国制覇へ向けて。省エネ投球で凄みを見せる近江・山田の快投
32番中、下から数えたほうが早いチームが…ベスト8躍進の金光大阪。指揮官が語った夏へ向けての課題

全国制覇へ向けて。省エネ投球で凄みを見せる近江・山田の快投



山田 陽翔

<第94回選抜高校野球大会:近江6-1金光大阪>◇28日◇準々決勝◇甲子園

 全国大会では必ず進化をみせる近江の二刀流・山田 陽翔投手(3年)。まるで野球漫画の主人公みたいな要素が備わった逸材が、安定した投球を見せた。

 1回表から最速146キロをマークする。威力抜群で三振を奪った時の直球は凄まじいものがあった。それ以後は常時140キロ超えの直球は少なく、多くは130キロ中盤だった。

 変化球は、130キロ前半のカットボール、ツーシーム、125キロ前後のフォーク。打者の手元でグイグイと曲がる精度の高さには驚かされた。要所で次々と三振を奪うことができ、改めて素晴らしいものがあると痛感した。

 今年の金光大阪打線には粘っこい打者が多い。長打にできなくても必死にくらいつき、8本中、内野安打が4本。それでも山田は自分のペースを崩さなかった。

「試合前日の晩から、要所要所を締めていこうと捕手の大橋と話していたので、それができたと思います。チームに勢いを与える、安心感を与える投球ができればと思っていたので良かった」

 ピンチは招くが適時打は許さない。自慢の直球も140キロ超えは数球程度と、7割程度の力で抑えることを意識した。

「打たせて取る投球を意識しましたけど、全体を通じて低めに球が集まっていた。直球も変化球もストライクが取れたのは良かったです。その中で良かったのは130キロ台のツーシームです」

 甲子園の試合では、走者を出すとこの投手は点が取られそうだな、このバックだと一気に相手にもって行かれそうだなというのが何となく分かる。ただ、マウンドに立つ山田を見ると実に落ち着いている。打たれる予感はしなかった。

 今大会3試合で、31回を投げ、わずか5失点と、抜群の安定感を示している。2年夏に見せたすべてにおいて100%という投球ではない。優勝するためにどうゲームメイクすればいいのか、それが見える。

「目標は日本一ですが、一戦必勝で行きたいです」

 次の相手は今大会4本塁打の強打を発揮する浦和学院(埼玉)。相手は強敵だが、初の日本一を目指し、状態を高める。