敵将も絶賛。力押しだけではない市立和歌山の149キロ右腕・米田天翼の魅力



市立和歌山先発の米田 天翼

<第94回選抜高校野球大会:市立和歌山2-1明秀日立(9回サヨナラ)>◇27日◇2回戦◇甲子園

 前評判通りの投手戦となった。

 市立和歌山米田 天翼投手(3年)について、140キロ後半の速球で力押しするイメージが強い。初戦の花巻東(岩手)戦の投球では佐々木 麟太郎内野手(2年)に対し、高めの145キロ前後の速球で押して、2三振に奪うなど、直球に力がある投手と印象づけたが、明秀日立(茨城)戦の米田については「これほど引き出しが豊富な投手なのか」と思わせた。

 直球は135キロ〜140キロだが、回転数が高く内外角で次々と空振りを奪う。ただ、米田自身、この日の直球の走りがよくなく、力押しの投球は無理と判断した。

「直球で押したいという気持ちはあったのですが、本調子ではなかったので。ましてや明秀日立高校さんも直球のタイミングで入ってくるということは分かっていたので、カーブだったり緩急をうまく使っていこうというのは試合前から決めていました」

 110キロ前後のカーブや、125キロ〜130キロ前半のカットボールなどカーブや高速変化球を軸としたコンビネーションで、明秀日立打線を圧倒した。特に135キロを超えるカットボールの切れ味は超高校級。昨秋はテンポが悪くなったり、ボールが先行することもあり、単調な投球内容が気になったが、この試合については、テンポがよくなり、140キロ前後の直球を両サイドをきっちりと投げ分け、変化球も膝元にしっかりと攻める。高めに浮いたベルトゾーンをしっかりと叩いて長打にする明秀日立打線も、安打にはできるものの、ここぞという場面で切れの良い変化球が攻められ、長打にできない。