トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

名門対決を制した星稜 マーガードが執念宿すベストピッチを披露



マーガード真偉輝キアン(星稜)

<第94回選抜高校野球大会:星稜5-4天理>◇22日◇1回戦◇甲子園

「やはりマーガードがいい投球をしてくれました。武内も甲子園の初マウンドでしたが、緊迫した場面でよく抑えてくれました」

 試合後、星稜(石川)の林和成監督は登板した2人の投手を手放しで賞賛した。相手のミスによる得点もあったが、この試合は星稜の2人の投手の活躍に尽きる。

 立ち上がりから、変化球を有効に使いながら天理打線を手玉に取った星稜の先発・マーガード 真偉輝 キアン投手(3年)。序盤は完璧な投球でリズムを作ると、初ヒットを浴びた4回以降も粘り強い投球で、決定打を許さない。爪の状態が芳しくなく、8回途中2失点でマウンドを下りたが、先発投手としてはしっかりと仕事は果たした。

 また、マーガードからマウンドを引き継いだ2番手の武内 涼太投手(2年)も、制球に苦しみながらも勝利に繋がる投球を見せた。伸びのある140キロ超の直球に、スライダー、チェンジアップを駆使して的を絞らせない。ボールにばらつきこそあったが、要所を締めて初の甲子園のマウンドで勝利投手を手にした。

「マーガードは私が見た中でも1番、2番目に良いピッチングで、ブルペンでも良い球を投げていて今日はやってくれると思っていました。そして8回に武内も、ピンチの場面でしっかり投げ切ってくれた。あれが今日の勝因です」

 また武内は、再三のピンチにも動じることなく投げることができたと試合を振り返る。

「せっかく8回から投げさせてもらって、最後まで自分で行きたいと思っていました。自分のけん制ミスで失点した後も、ずっとはらはらしていましたが、(マーガード)真偉輝さんが7回まで0点で抑えてきたので、自分も気持ちを受け継いで強気で投げようと思いました」

 2回戦進出を決めた星稜は、26日の第1試合で大垣日大(岐阜)と対戦する。

(記事:栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。