トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

広陵が自慢の打線が機能して敦賀気比に圧勝



内海優太

<第94回選抜高校野球:広陵9-0敦賀気比>◇20日◇1回戦◇甲子園

 大会屈指の好カードとなった大会2日目第1試合。試合は序盤から広陵(広島)が優位に試合を進めた。

 1回裏、1死一塁から3番・内海 優太外野手(3年)が適時二塁打を放つと、さらに2死三塁から5番・田上 夏衣外野手(2年)が右翼へ適時三塁打。2点を先制して試合の主導権を握った。

 投げてはエース右腕・森山 陽一朗投手(3年)が快投を見せる。140キロ前後の直球に縦に割れるスライダー、低めにしっかりと制球されるチェンジアップと、一球一球が非常に質が高く敦賀気比打線を圧倒。6回まで被安打は僅か1、チャンスらしいチャンスも作らせずにテンポよく試合を進めた。

 森山の好投でさらに勢いづく広陵は、5回に2本の適時打などで4点を追加すると、6回にも3番・内海のタイムリーでさらに1点追加。7対0とその差を大きく広げ、試合の主導権を完全に手にした。

 広陵は8回途中からは背番号10の松林 幸紀投手(3年)が登板し、8、9回と無失点。最終的に試合は9対0で広島広陵が勝利し2回戦進出を決めた。

 試合後、広陵の中井監督は「選手たちははじめは球場入りして緊張していましたが、試合に入って森山が立ち上がりが良く、そして内海の一打で力が抜けました。選手のおかげです」と満足げに試合を振り返った。

 また8回途中2安打無失点、7奪三振の快投を見せた森山は、「最初は高めに浮く球が多かったので、低めに丁寧に投げることを意識しました。打者一人一人に集中した結果が、2安打投球に繋がったと思います。次も強いチームなので、怖がらずに自分のできることをやっていきたいです」と語り、次戦に向けて気持ちを引き締めた。

 広島広陵は2回戦で九州国際大付(福岡)と対戦することが決まった。共に強打が自慢のチーム同士の対戦となるが、どんな戦いになるのか注目だ。

(記事:栗崎 祐太朗)